FANDOM


テンプレート:半保護 テンプレート:声優 釘宮 理恵(くぎみや りえ、1979年5月30日[1] - )は、日本女性声優歌手。所属事務所アイムエンタープライズ

大阪府生まれの熊本県熊本市育ち。身長159cm。血液型B型テンプレート:VOICE Notice Hidden

経歴・特色 編集

1997年日本ナレーション演技研究所主催の第1回声優サマースクールにて、アイムエンタープライズ&私たち翔びます賞を受賞。その後、アイムエンタープライズ所属となる。

1998年、ゲーム『étude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜/SS版』(佐伯悠見役)で声優デビュー。

デビュー当初から声質を活かして、幼年から10代の少女役を主に演じる。後に『十二国記』の泰麒、『鋼の錬金術師』シリーズのアルフォンス・エルリックといった少年役にも起用されたことで演技の幅を広げ、様々なキャラクターを担当するようになっていった。

灼眼のシャナ』シリーズのシャナを始め、『ゼロの使い魔』シリーズのルイズ、『ハヤテのごとく!』シリーズの三千院ナギ、『とらドラ!』の逢坂大河、『緋弾のアリア』の神崎・H・アリアといったあらゆるタイプのツンデレ系ヒロインを複数の作品で担当しているほか、『ワンセグTV SEGNITY』(いわゆるツンデレTV)、『ツンデレカルタ』、『∞プチプチ ぷち萌え』といったツンデレ、萌えの要素をもつ商品に起用されるなど、「ツンデレの女王」という異名もある[2][3][4]。逆に前述のアルフォンス・エルリックをはじめ、『ひだまりスケッチ』シリーズの智花や『英雄伝説 軌跡シリーズ』のキーアなど、素直な性格のキャラクターを演じることも決して珍しくはない。

他にも『うみねこのなく頃に』の紗音のような優しげな役柄、『学園アリス』の今井蛍のようなクールな役、『わがまま☆フェアリー ミルモでポン!シリーズ』のムルモのような腹黒い役、『クイーンズブレイド 流浪の戦士』のラナのような気弱な役、『たまごっち!』のまめっちのような誠実な役、『機動戦士ガンダム00』のネーナ・トリニティのような自分勝手かつ非道なキャラクターなどを演じることもあるなど、幼女から大人の女性、少年役まで大抵の声なら出せる程広い演技力を持っている。

2008年、第2回声優アワードにおいてサブキャラクター女優賞を受賞[5]。また、翌2009年の第3回声優アワードでは主演女優賞を受賞した[6]

釘宮理恵の熱烈なファンの挙動は“釘宮病”と呼ばれている。これは、釘宮理恵への(しばしば度を越した)支持を表すネットスラングである[7]

2013年5月30日、公式ブログをスタートする。

人物 編集

一人称は「理恵」または「」と呼ぶのが大半だが、たまにワシと呼ぶこともある。『銀魂』で共演している杉田智和からはオヤジ臭いとよく言われており、本人も自覚している。妹がいて、可愛がっている(『妹にまとわりつかれて眠れないCD』のフリートークより)。

本人曰く、人見知りな性格で気心知れた人には砕けた言い方をすることがある[注 1]

好物は、ライチレバ刺し類(学生時代によく夜食で食べていたとラジオで語る)。中でも特にレバ刺しが大好物で、高橋美佳子ラジオ番組『美佳子@ぱよぱよ』にゲスト出演時、クイズコーナーで全問正解のご褒美に「1年分のレバ刺し」と希望したほど。ただし、法改正によりレバ刺しが食べられないようになったため、現在はお肉全般としている(『ノイタミナラジオ』より)。逆に嫌いな食べ物は椎茸とネバネバしたもの(特に納豆オクラ)である。

好きな映画は『少林サッカー』。アニメは『鋼の錬金術師』で、作中で最も好きなキャラクターはヴァン・ホーエンハイム。「一途な愛を捧げていた純なところが好き」と語っている[8]。その他の全般的なキャラクターでは眼鏡をかけたキャラクター

趣味はガーデニング[9]で、ペットにはヨークシャー・テリアを2匹飼っており「まっしゅ」と「まろん」と名付けている[10]

声優になるきっかけ 編集

高校生の頃属していた放送部の活動である。その部員は学校行事でアナウンスを担当していたが、ある時同級生から「司会が上手だったね」とほめられ、マイクの前で話す仕事を意識し始めた。そして、昔から物語を読むのが好きだったため、声優を選ぶ[11]

交友関係 編集

同事務所の田村ゆかり中原麻衣植田佳奈斎藤千和高橋美佳子仁後真耶子白石涼子那須めぐみ三瓶由布子小清水亜美渡辺明乃沢城みゆきとも親交が深い。また、『ハヤテのごとく!』、『灼眼のシャナ』シリーズで共演した生天目仁美伊藤静とも仲が良い。豊口めぐみと漫画家の藤井みほなと「ミュージカル同盟」を組んでいる(『超GALS!寿蘭』つながり)。また、現在81プロデュースに所属している榎本温子とは同い年で事務所の同期であり、後にプリキュアで共演もしている。

『鋼の錬金術師』で共演した朴璐美と仲が良く、ある日彼女に呼ばれ部屋の掃除をさせられた。また朴とともにパーソナリティを務めたラジオ番組『ハガレン放送局』にて朴に、可愛いが腹黒いという意味で「黒いコスモス」と形容されている(「腹黒子」とも言われた)。また、『ラジオFA宣言』では「くろみやさん」とも呼ばれた(これに対し、朴のことを「ぱーくろみさん」と切り返したことがある)。作中で朴が兄役、釘宮が弟役であるため、朴のことを「兄さん」と呼ぶことがある。釘宮が演じるのは鎧の体の少年という特殊な役柄であるため、収録中は声にエフェクトをかけるための特別ブースに一人でいることが多かったが、終盤では朴と同じ場所で収録を出来るようになり「同じ空気を振るわせあっているという感じが、演じていてすごく心地よかった」と述べている[12]

灼眼のシャナ』・『ゼロの使い魔』・『ハヤテのごとく!』・『銀魂』・『隠の王』・『Xブレード』など日野聡との共演が多く、このうち前者2作品には、日野が主人公の少年、釘宮がツンデレ少女(ヒロイン)を演じているという共通点がある他、「銀魂」以外は制作会社(『ハヤテのごとく!』はOVAとTV第2期を担当[注 2])がJ.C.STAFFである。

ハヤテのごとく! Radio the combat butler』#9に田中理恵がゲスト出演した際は同名なのを遠慮して最初「私」と呼んでいたが、会話が打ち解けるにつれていつもの「理恵」に戻っていった。『うたわれるもの』で共演したメンバーで食事や旅行に行くことが多く仲が良い。小山剛志からは、「あにめ」と呼ばれている。

『超GALS!寿蘭』で共演した声優からは、当時それぞれに付けられた愛称で呼ばれる事が多くあり、阪口大助神谷浩史からは「くぎみー」(柿原徹也中村悠一、白石涼子らもこの愛称を使う)、鈴村健一からは「だっちゅ」(キャラの口癖から)、豊口めぐみからは「サヨ」(キャラ名から)と呼ばれている。

エピソード 編集

1998年にテレビ朝日で放送された『爆笑問題のボスキャラ王』内の声優志望の女の子の部屋を訪問する企画で、当時まだ声優志望であった釘宮の部屋を爆笑問題太田光が訪問したが、女の子らしくない殺風景な部屋だったため、企画が台無しという流れになり、芸風として太田が釘宮を怒鳴りつけることになった。声優となった後の2005年には、爆笑問題が司会の『日本全国徹底調査!好きなアニメランキング100』で上位にランク入りした『鋼の錬金術師』のインタビューを受けている。

2001年7月から放送されたインターネットテレビ番組『釘宮理恵のSister Communication』で、自身初の冠番組にして単独パーソナリティーを務めた。この番組では、番組のコンセプトである「視聴者=兄(もしくは姉)、釘宮=妹」という設定を演じつつ、番組を仕切らなければならなかったが、多少のハプニングこそあったものの、最終回まで徹底して務めた。なお、最終回では冒頭で「最後だからって、理恵は泣かない!」と宣言していたが、エンディングを前に感極まって号泣してしまった。しかし、号泣しながらも、最後まで「妹」という設定を演じ感謝を述べた。

THE IDOLM@STERのオーディション時、歌唱のオーディションもあり、釘宮はプッチモニの歌を披露した。

ハヤテのごとく! Radio the combat butler』にて、白石涼子とのトーク中、胸についての話題が上がった際、笑いが止まらなくなり、白石が慌てる場面があった。

WEBラジオ番組『ゼロの使い魔 on the radio 〜トリステイン魔法学院へようこそ〜』では、相方の日野聡との漫才コンビのような掛け合いを見せ、人気を呼んでいた。

とらドラ!のオーディション時、監督の長井龍雪は当初「ツンデレ」と呼ばれるのが嫌で、釘宮を落とすつもりでいたが、実際にオーディションを行い、釘宮の演技を聞いた際に「すみません、負けました」と思い、逢坂大河役が決まる(おつかれさまでした!の本 より)

2010年1月、自身の関連書籍の販売促進のサイン会が台湾で行われたが、地元ファン約1000人が殺到して混乱状態となり、酸欠等のけが人が出るなどして現地メディアなどで報道された[13]

ライブやイベント等で担当した主題歌やキャラクターソングを歌うことは滅多に無いが、アイドルマスターのライブには度々出演しており、2010年7月4日に開催された「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one!!」ではソロで「my song」を歌ったあとに感極まって泣いてしまい、MCで言葉をつまらせる一幕もあった。

2013年放送の『ドキドキ!プリキュア』に本編途中で加入する新キャラクター、 円亜久里/キュアエース役を演じる。釘宮がプリキュアシリーズに出演するのは2007年の『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』でキュアレモネードの偽物であるダークレモネードを演じて以来[14][注 3]で、演じることについて釘宮は「心からうれしく、そして幸せな気持ちでいっぱいです。キラキラ輝けるよう、精いっぱい体当たりで頑張ります」[15]「大役をいただいての途中参加で、不安と緊張でいっぱいだった私を、番組のみなさんは暖かく迎え入れてくださいました。その優しさ暖かさに感激し、私も精一杯心を尽くして取り組もうと決意しています」[14]と語っている。なお、2011年の『スイートプリキュア♪』のキュアミューズ(調辺アコ)以来の小学生プリキュアであるが、シリーズでは小さな女の子が大人の姿に変身するというのは初。

出演作品 編集

太字はメインキャラクター

テレビアニメ 編集


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません
引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki