FANDOM


20110405041044 original.jpg
美墨 なぎさ(みすみ - )/キュアブラック
声優:本名陽子
1990年10月10日生まれの天秤座で、血液型はO型。両親と弟とともにマンションで暮らす。大食いで、好物はチョコレートとたこ焼き、嫌いな物は玉葱。口癖は「ありえな〜い」。
外見は茶髪のウルフカットの入ったショートヘア。性格は明るく活発、無鉄砲で多少おっちょこちょい。パートナーはメップル。『無印』後期では、ポルンの面倒も見ていた。
初登場時はベローネ学院女子中等部2年桜組で、『Max Heart』で「3年桜組」に進級。
スポーツ万能で、所属するラクロス部では2年生にしてエースを務め、MHではキャプテンに選ばれる(背番号は7)。ただし『トンカチ(カナヅチの言い間違い)』なほか、他にもなぜかウィンタースポーツはからっきしなど少しムラがある。
男勝りでやや破天荒な行動とそのボーイッシュな外見や性格のおかげで、女子からはラブレターをもらうほどの人気がある。その反面、ほのかと知り合ったばかりの頃には彼女の優等生らしさに気後れを感じたこともあるなど、自分に不足している要素も認識しており、親しくなってからも彼女の突飛な言動にたじろぐなど、常識人のバランス感覚も兼ね備えている。また、恋愛に関しても年相応の少女らしく繊細であり、淡い恋心を寄せている藤村のことになると暴走して奇怪な行動を取り始め、さしもの莉奈や志穂も引いてしまう。
勉強嫌いで、ことわざを誤用することが多く、ほのか達によく突っ込まれる。音頭を聞いて無意識に踊ってしまったり、時代劇に関して妙に詳しかったりなど、女子中学生としては趣味が若干オヤジ寄り。父親譲りのオヤジギャグもその1つ。

ふたりはプリキュア 編集

ふたりはプリキュア Max Heart 編集

キュアブラック 編集

光の使者、キュアブラック !

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki