FANDOM


テンプレート:声優 福圓 美里(ふくえん みさと、1982年1月10日 - )は、日本声優女優シグマ・セブン所属。

芸名桜木 美里(さくらぎ みさと)。MIRIの名で歌手としての活動も行っていたことがある。一般的な愛称としてはミサトンが知られる[注 1]テンプレート:VOICE Notice Hidden

経歴 編集

1982年1月10日[1][2]東京都で生まれた。1998年に、ゲーム『Etude prologue 〜揺れ動く心のかたち〜』で声優として桜木美里の名義でデビューする。なお、福圓美里の名義でのデビュー作は、2000年放送のテレビアニメ『BOYS BE…』である。

2004年に門脇舞(現・門脇舞以)と福圓による声優ユニットTAMAGO」(たまご)を結成した。同じく2004年に松崎亜希子と平松あやと福圓の3人による演劇ユニット「乙女企画クロジ☆」(現在は「クロジ」)を結成している。なお2006年に平松が体調不良を理由に脱退し、以降は松崎と福圓の2人で活動している。2008年8月上旬に体調不良により声が出なくなってしまい、出演予定だったテレビアニメ『喰霊―零―』の和泉マミ役を降板した[注 2]。また、福圓が出演していたラジオ番組『水樹奈々 スマイル・ギャング』についても回復に専念するために休んだり、自身のブログも7月30日付から半月ほど更新を停止していた。その後回復し、活動を再開している。

2015年から、かつて大ヒットしたアニメシリーズ『美少女戦士セーラームーン (テレビアニメ)』の新作アニメ版『美少女戦士セーラームーンCrystal』で、メインキャラクターのちびうさ役を担当。

人物 編集

20歳近く年が離れた兄が1人いる。尊敬する声優は折笠富美子

20歳の時は声優業の傍らウェイトレスのアルバイトもしていた[3]。また、選挙カーのウグイス嬢の経験もあるが、福圓は車に酔いやすい体質であり、車酔いのためすぐに辞めざるを得なかった。

近藤佳奈子小倉結衣とは中学・高校時代以来の友人で、音響監督田中英行は高校時代からの恩師である。市来光弘と生年月日・血液型・職業が一緒で、かつて住んでいた住所、母親の名前まで一致する。さらに携帯電話の機種まで被ったこともある[1]。2009年1月9日には乙女企画クロジ☆のサプライズで、初めて一緒に誕生日を祝い合ったという[1]

特色 編集

様々なアニメやゲームなどで声をあてており、様々なタイプのキャラクターを演じている。2009年の『ときめきメモリアル4』の大倉都子役でヤンデレ(精神的に病んだ状態での愛情表現)を得意とする声優として認知された。また、所属事務所シグマ・セブンの先輩である水樹奈々と共に、ラジオ『水樹奈々 スマイル・ギャング』のパーソナリティ(番組内で本人は「副ヘッド」と呼ばれる)を長年務めていることでも知られる。

エピソード 編集

ときめきメモリアル4』の大倉都子役のオーディションを受けた際、福圓が声を演じた「ヤンデレ」ぶりが他の声優陣の群を抜いていて、それがオーディション合格の大きな決め手になった[4]。福圓が都子役のオーディションを受けた理由は、都子の設定が書かれた原稿を読み彼女の設定の「ヤンデレ」に惹かれ、「絶対に都子をやりたい」と思ったからだという[5]。福圓の都子への思い入れが深かったこともあり、その評判は福圓も気にしていたという。特に『ときめきメモリアルシリーズ』の歴代作品のヒロインの中で、ヤンデレという設定を持つヒロインは都子が初だったため、自身が演じたヤンデレの都子が同シリーズのファンに受け入れてもらえるか不安だったことを、ラジオCD『あなたと!ときめきメモリアル』の録り下ろしラジオにゲスト出演した時に福圓自身が語っている。しかしこの福圓が抱いた不安は杞憂に終わり、都子はヤンデレの設定から『ときめきメモリアル4』の発売後の話題を独占し、メインヒロインを超えるほどの人気を誇った[注 3]。このため、同作の漫画版のヒロインや発売元のコナミが運営する携帯電話用サイトのコナミネットDXでは、『ときめきメモリアルメールドラマ』の『4』としてのヒロインを務め、さらに専用の抱き枕カバーやグッズも発売された。同作で福圓は、都子の持つうさぎのぬいぐるみの声も担当している。

福圓は2012年より、『スマイルプリキュア!』で主人公の1人である星空みゆき(キュアハッピー)役を務めている。この約1年前に行われた水樹奈々の座長公演である舞台『異説龍馬維新伝』に千葉さな子役で福圓が出演した。この舞台には水沢史絵も出演しており、水樹と水沢はこの舞台が上演されたのと同時期に放送されていた『ハートキャッチプリキュア!』にてそれぞれプリキュアを演じていた。2人がそれを元にした小ネタを行ってのに乗っかる形で、福圓はこの舞台において「キュアマジックリン」と名乗りを上げたことがある。この舞台での様子を受けて後日マネージャーが出たいのかと聞くと福圓は「出たいです」と答え、マネージャーはこれに応じる形で『スイートプリキュア♪』の頃からオーディションを受けられるようにスケジュール調整を行ってくれたという[6]。『スマイルプリキュア!』に福圓が出演することが発表された直後にこのことがネット上で取り上げられたことから、福圓は自身のTwitterで、「キュアマジックリンとか言ってたのが嘘みたい(笑)」と書き記した。なお、福圓自身のプリキュアシリーズへの出演自体は、2006年の『ふたりはプリキュア Splash Star』に友也役で出演して以来である。

出演作品 編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ 編集

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

  • 怪談レストラン(つぼひめさま)
  • クレヨンしんちゃん(廉、女性A)
  • こばと。(森川ゆきの)
  • DARKER THAN BLACK -流星の双子-(予告、銀〈イン〉
  • ドラえもん(智也、ロボ美、子ども)
  • 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(エリシア・ヒューズ)
  • バトルスピリッツ 少年突破バシン(学級委員、セツ子)
  • ひだまりスケッチ×365 特別編(夏目)

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

OVA 編集

2001年

2005年

2006年

  • アンパンマンとはじめよう! かぞえよう 1・2・3(ノネズミ六兄弟3)
  • 蜜×蜜ドロップス萩乃柚留

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

  • 夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜「ミナカナ箱根編」(槍桜ヒメ)※コミックス第14 - 16巻OAD付き限定版[38]
  • To LOVEる -とらぶる- ダークネス(金色の闇、ティアーユ・ルナティーク)※コミックス第8巻・第9巻限定版に付属

2014年

2016年

劇場アニメ 編集

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

Webアニメ 編集

2015年

映画 編集

2006年

ゲーム 編集

1998年

1999年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

  • アガレスト戦記2(リ・ラ=ルア)
  • ストライクウィッチーズ -あなたとできること A Little Peaceful Days-(宮藤芳佳
  • ストライクウィッチーズ 白銀の翼(宮藤芳佳
  • ストライクウィッチーズ2 いやす・なおす・ぷにぷにする(宮藤芳佳
  • ひまわり -Pebble in the Sky- Portable(雨宮秋桜)

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

2016年

吹き替え 編集

洋画 編集

海外ドラマ 編集

海外アニメ 編集

実写 編集

舞台 編集

  • Beloved「言奏〜ふたつの愛の物語〜」(キャサリン)
  • K-GUN「FREEBIRD 〜ジュークボックスの追憶〜」(藍原美鈴)
  • SHOWBIZPLANNING「ダーティー・マネー」(スーザン・スコット〔スコット家次女〕) 田中敦子(長女役)共演。
  • 劇団岸野組「森の石松外伝 〜石松と土佐のよばれたれ〜」(2011年、お小夜)
  • 演劇集団砂地「令嬢ジュリー」(2011年、ジュリー)
  • 東京ジャンケン『あなたに会えてよかった〜Communicating Doors〜』中野ザ・ポケット(2013年5月)- ジェシカ 役

クロジ 編集

クロジ (劇団)」も参照

  • 「こわれた玩具」(アリカ) 
  • 「ルームメイト」(千恵子)
  • 「CANDY☆LOVE〜届けあたしの怨み節〜」
  • 「浪漫女優」
  • 「アニメ大国ニッポン」
  • 「桜屋敷の三姫」
  • 「僕の愛した冒険」(田中ヨウコ)
  • 「きんとと」
  • 「エンガワノクラゲ」
  • 「異説 金瓶梅
  • 「かみさまのおかお」

水樹奈々座長公演 編集

  • 新宿コマ劇場座長公演“水樹奈々大いに唄う”「歌姫華仕置 疾風の奈々参上」(2008年10月11日、新宿コマ劇場)雀蜂のお陸 役(昼公演のみ)
  • 中野サンプラザ座長公演“水樹奈々大いに唄う 弐”「異説龍馬維新伝」(2010年12月4日、中野サンプラザ千葉さな子
  • 両国国技館座長公演“水樹奈々大いに唄う 参”「光圀-meet, come on!-」(2013年3月3日、両国国技館)おはね 役
  • 国立代々木競技場第一体育館座長公演“水樹奈々大いに唄う 四”「新説 桃太郎英雄譚」(2016年1月24日、国立代々木競技場第一体育館一寸法師

テレビ 編集

ラジオ 編集

ラジオドラマ

CD 編集

ドラマCD 編集

音楽CD 編集

本人名義

  • 福圓美里 スマして・ギャフン special edition
  • プロテイン美里(ミニアルバム)

キャラクターソング

朗読CD 編集

  • 朗読ドラマ『8月のシンフォニー』

ラジオCD 編集

  • ラジオCD「M3〜ソノ黒キラジオ〜」Vol.1

CM 編集

パチンコ・パチスロ 編集

その他 編集


引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません
引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki