FANDOM


-1437384889.jpg
来海 えりか(くるみ えりか) / キュアマリン
声 - 水沢史絵
私立明堂学園に通う中学2年生の13歳→14歳(劇場版以降)。実家は「フェアリードロップ」というファッションショップ。つぼみとは学園のクラスが同じで、教室の席も実家も隣である。同級生と比較してかなり小柄で、本人も子供扱いされることを嫌っている。
元カリスマモデルだった母の影響でファッションに深い興味を持っており、将来の夢はファッションデザイナー兼スタイリスト。裁縫や服のデザインの腕前は高く、一目で相手のスリーサイズを言い当てることもできる。学園ではファッション部の部長を務めている。基本的にウェーブのかかったセミロングヘアだが、時折髪型を変えている。
一人称は「あたし」。感情によって表情が非常に激しく変化する、物語のムードメーカー的存在。元気一杯なお節介焼きで、その行動力で相手を強引に引っ張ることが多い。基本的に前向きで明るいマイペースな性格だが、涙もろい一面もある。「言いたいことは言葉にしないと自他共に伝わらない」という考えを持ち、他人と心の垣根を作らない。反面、内向的な相手の感情に合わせることは苦手で、思ったことをすぐ口に出して相手を傷つけることもしばしばある。物語序盤の頃は実姉・ももかに強いコンプレックスを持っており、第1話ではそのコンプレックスを砂漠の使徒に付け込まれ、最初のデザトリアンにされる。つぼみ達との交流で以前よりも姉妹関係は良好になり、他人との協調性も身に付いている。苦手なものは勉強と虫。私生活でも少々だらしない面があり、夏休みでは完全にだらけていた。
こころの花は白いシクラメン。物語本編において最初にデザトリアンにされた人物である。ブロッサムに助けられた後、えりかもプリキュアの資格を持つことが判明し、つぼみからプリキュアの仲間にスカウトされる。最初は断っていたが、他人を救うために頑張って戦うブロッサムの姿に心を打たれてプリキュアになることを決意。このことがきっかけで、つぼみとは親友同士となる。
コフレの「プリキュアの種」の力により、キュアマリンへと変身する。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki