FANDOM


プリキュアシリーズ > 映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
200px
映画の舞台となった横浜みなとみらい21
監督 志水淳児
脚本 成田良美
製作 2012 映画プリキュアオールスターズNS製作委員会
出演者 福圓美里
田野アサミ
金元寿子
井上麻里奈
西村ちなみ
大谷育江
小清水亜美
折笠富美子
豊口めぐみ
大久保瑠美
三石琴乃
工藤真由
滝沢久美子
小野健一
島香裕
能登麻美子
熊田聖亜
子安武人
音楽 高梨康治
主題歌 工藤真由『プリキュア〜永遠のともだち〜』
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2012年3月17日
上映時間 72分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.2億円[1]
前作 映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪
映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花(シリーズ前作)
次作 映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!
映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち(シリーズ次作)
  

映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち』(えいが プリキュアオールスターズニューステージ みらいのともだち)は、2012年3月17日公開のアニメ映画。「プリキュアシリーズ」の歴代作品のクロスオーバー作品の第4作目である。「プリキュアシリーズ」の映画作品の第12作目。

キャッチコピーは「女の子は誰でもプリキュアになれる!!プリキュアオールスターズ、新たなるステージへ――」。

概要 編集

これまで上映されてきた『プリキュアオールスターズDX』シリーズは、2011年3月公開の『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花』(以下、DX3)が最終作とされていたが[2]、同年10月公開の『映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪』上映後の特報にて、「新たな展開」として製作が発表された。

本作では『DX3』で登場した21人のプリキュアに加え、『スイートプリキュア♪』からキュアビート[3]とキュアミューズ、さらに映画初登場となる『スマイルプリキュア!』に登場するキュアハッピーら5人のプリキュア[4]を含めた28人のプリキュアが登場する。話のメインは『スマイル』『スイート』、そして本作オリジナルのキャラクターである[5]。反面本作では『Go Go!』までのプリキュアと妖精に声は当てられていないが、これは全員に喋るシーンを用意しようとすると難儀が生じるため、「喋らせることだけが存在感を表す手法ではない」として行った大きな決断であった[6][7]。アフレコされている『ハートキャッチ』『フレッシュ』も当初はもっと活躍が少ない予定だった[8]。また、シリーズで初めて劇場版オリジナルのプリキュア「キュアエコー」が登場し、能登麻美子が声を担当する[9]。彼女を含むことで、本作では総勢29人となることが明かされた[10]。その一方で、映画版恒例のプリキュア強化モードは登場しない。

物語は「オールスターズDXシリーズ」の後日談にあたり[11]、舞台も同作の舞台となった横浜みなとみらい21が中心となる。『DX』の敵キャラクター「フュージョン」がプリキュアに倒されて分裂したかけらの一つと、それに出会った少女を中心に物語が展開する。

前作同様新規参戦の『スマイル』はこれまでのプリキュアと関係性を持っておらず、妖精同士のみが既に知り合っているという状態でスタートし、劇中で『スマイル』は他のプリキュアの存在を知っていくようになる。劇中には過去作に登場したキャラクターが横浜を歩く人々として台詞なしで出演している(後述)。

本作ではゲスト声優として、奥様狐役滝沢久美子とファイベルのお父さん役島香裕は、フュージョンのかけらである「フーちゃん」役に子役の熊田聖亜[12][13]、また本作の鍵を握る少女・坂上あゆみの母親役として赤江珠緒(制作局の朝日放送出身のフリーアナウンサー)が出演する[12][13]。赤江がプリキュアシリーズに出演するのは2005年4月公開の『映画 ふたりはプリキュア Max Heart』(妖精騎士ハート役)以来で、『スマイルプリキュア!』の第8話にも『情報満載ライブショー モーニングバード!』のキャスターである本人役として羽鳥慎一(羽鳥の声の出演は無し)と共に出演している[12][13]

本作でも鑑賞者参加型システムが行われ、中学生以下の子供には「ミラクルデコルライト」が配られる。

全国172スクリーンという規模での公開ながら、2012年3月17、18日の初日2日間で興収1億9,543万500円、動員17万5,268人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[14]

なお、「プリキュアオールスターズ」VS「とフラビオ・ヒッポ」タイトルロゴの内、「」の半濁点の部分が、本作より「」から「ハート」になった。

ストーリー 編集

横浜みなとみらいに出現したフュージョンを倒したプリキュアの話で、街はその話題で持ちきりとなっていた。しかし転校してきたばかりの坂上あゆみはいつもクラスから孤立していた。ある日あゆみは学校からの帰りに謎の生き物と出会う。彼女はこの生き物に「フーちゃん」と名付けて仲良しとなるが、この生き物はフュージョンのかけらだった。フーちゃんはあゆみを思うあまり、次第にあゆみの嫌いなものを飲み込んでいき、大きくなろうとし、ついには全てを消してリセットしようとしてしまう。あらゆるものが消失し混乱した街と、フーちゃんの暴走を悲しむあゆみを救うため、プリキュア達が立ち上がることとなる。

登場キャラクター 編集

登場キャラクターの基本情報は各作品の項目を参照。本節ではオリジナルキャラクターなどを除き、主に本作品での立ち位置を示す。

スマイルプリキュア! 編集

ポップは未登場[注 1]。また「バッドエンド王国」をはじめ、プリキュアの家族・七色ヶ丘中学校関連者・七色ヶ丘市の人たちも未登場[注 2]

プリキュア
キャンディの話から、フュージョン探しに乗り出すことになる。暴走したフーちゃんとも戦うことになるが、その性質に苦戦を強いられることになる。
星空 みゆき(ほしぞら みゆき) / キュアハッピー
声 - 福圓美里
フュージョン探しにおける紆余曲折から、他の仲間に先んじて『スイートプリキュア♪』のメンバーやあゆみと出会い、さらに緑色のフュージョンとも遭遇する[注 3]
日野 あかね(ひの あかね) / キュアサニー
声 - 田野アサミ
フュージョンに遭遇した際、襲われそうになったみゆきを救う。
物語後半、フーちゃんの許へ向かう途中で不安にかられて泣きだしてしまったあゆみを「プリキュアだってみんな普通の女の子、何も特別な事なんかない」と励ました。
黄瀬 やよい(きせ やよい) / キュアピース
声 - 金元寿子
『スイートプリキュア♪』のメンバーと初めて遭遇した際は、自己紹介しようとしていた。
緑川 なお(みどりかわ なお) / キュアマーチ
声 - 井上麻里奈
キュアサニーのあゆみに対する励ましに「サニーが普通の女の子だなんて」と横槍を入れるが「オカンが失礼なこと言うな」と混ぜっ返され、更にキュアビューティには「いいお母さんですね」と追い打ちをかけられてしまっていた。
青木 れいか(あおき れいか) / キュアビューティ
声 - 西村ちなみ
妖精
キャンディ
声 - 大谷育江
ハミィとは旧知の仲である。響に「子ブタ」呼ばわりされるが、身を乗り出さずに彼女を否定する。
フュージョン探しをみゆき達に頼んで同行するが、フュージョンのことはあまりよく知らない。

スイートプリキュア♪ 編集

プリキュア
歴代のプリキュアと共にフュージョン戦に勝利した後、分裂したフュージョン探しに参加して『スマイルプリキュア!』と出会う。その後、暴走したフーちゃんとも戦うことになる。
北条 響(ほうじょう ひびき) / キュアメロディ
声 - 小清水亜美
ハミィとキャンディの関係から、みゆき共々お互いが何者であるか感付く。そのため彼女に変身を目撃されリズム達が慌てる中、一人平静を保っていた。
南野 奏(みなみの かなで) / キュアリズム
声 - 折笠富美子
黒川 エレン(くろかわ エレン) / キュアビート
声 - 豊口めぐみ
調辺 アコ(しらべ アコ) / キュアミューズ
声 - 大久保瑠美
妖精
ハミィ
声 - 三石琴乃
キャンディとは旧知の仲であり、奏が作ったカップケーキをプレゼントしていた。
ミラクルライトでプリキュアを応援している他、プリキュアを呼び寄せるために呼びかけを行なう。
フェアリートーン
声 - 工藤真由
青いフュージョンが紛れ込んだ際、逃げ惑う妖精達の中において、揃って立ち向かった。
またフュージョン探し中はハミィと共に、全員でトウモロコシを食べていた。

ハートキャッチプリキュア! 編集

プリキュア
暴走したフーちゃんとの戦いに加勢しようとするが、えりか(キュアマリン)が道に迷ったため出遅れる。変身後、マリンが同じくみんなを迷わせたキュアピーチ(ラブ)と共感し合う。あゆみを到達させるため、囮になる。
花咲 つぼみ(はなさき つぼみ) / キュアブロッサム
声 - 水樹奈々
来海 えりか(くるみ えりか) / キュアマリン
声 - 水沢史絵
明堂院 いつき(みょうどういん いつき) / キュアサンシャイン
声 - 桑島法子
月影 ゆり(つきかげ ゆり) / キュアムーンライト
声 - 久川綾
妖精
シプレ
声 - 川田妙子
コフレ
声 - くまいもとこ
序盤での祝勝会で、中華まんをつまみ食いしようとしたポプリを咎めた。
講談風にフュージョンをシプレ達に解説し、怖がらせていた。
ミラクルライトでプリキュアに力を与えていた他、決戦に向け、自分のプリキュア達を呼び寄せる。
ポプリ
声 - 菊池こころ
序盤での祝勝会では、中華まんをつまみ食いしようとしていた。相変わらずワガママ振りは健在。
自分のプリキュア達とともに駆けつけ、あゆみの危機を自身の能力で救っている。

フレッシュプリキュア! 編集

プリキュア
暴走したフーちゃんとの戦いに加勢しようとするが、ラブ(キュアピーチ)が道に迷ったため出遅れる。変身後、ピーチが同じくみんなを迷わせたキュアマリン(えりか)と共感し合う。あゆみを到達させるため、囮になる。
桃園 ラブ(ももぞの ラブ) / キュアピーチ
声 - 沖佳苗
蒼乃 美希(あおの みき) / キュアベリー
声 - 喜多村英梨
山吹 祈里(やまぶき いのり) / キュアパイン
声 - 中川亜紀子
東 せつな(ひがし せつな) / キュアパッション
声 - 小松由佳
妖精
シフォン
声 - こおろぎさとみ
超能力を使い、物語で初めて登場した青いフュージョンを瓶の中に転送させている。
タルト
声 - 松野太紀
本作品ではミラクルライトの管理を主に行なっている。また、序盤で妖精達による祝勝会の幹事を務めている。

他登場キャラクター =編集

奥様狐
滝沢久美子
キツネの女の子。
ファイベルのパパ
声 – 島香裕
ファイベルの父親、力持ちの大男。

空を飛び6hxjg@z, 奥様狐とファイベルのパパとドーソンの場合は最高時速40km、一度に50kmまで飛べる)。

本作品のオリジナルキャラクター 編集

坂上 あゆみ(さかがみ あゆみ) / キュアエコー
声 - 能登麻美子
本作品の主人公で、プリキュアにあこがれている中学生の少女。一人称は「わたし」。茶色の髪をツインテールにまとめており、水色のジャケットと青色のスカートを身につけている。
父親の仕事の都合で横浜に引っ越してきたが、引っ込み思案な性格のために街や学校のクラスにもなじめず、母親(声 - 赤江珠緒)との関係もよくない。
偶然フュージョンの欠片の一つと出会い、「フーちゃん」と名づけて友だちになるものの、そのフーちゃんが自分の言葉が原因で暴走を始めたことに深く思い悩んでしまうが、その後プリキュアたちの励ましによって立ち直り、フーちゃんの誤解を解くため自ら行動に出る。物語のラストではフーちゃんとの別れを経験し、引っ込み思案な性格も少し解消された。

本作品の敵 編集

フュージョン
声 - 子安武人
映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!』に登場し、14人のプリキュアに倒された悪意の塊。
本作品では、怪獣のような姿で復活して横浜の街を破壊しようと目論み[15]、今度は23人のプリキュアによって再度倒されるが、身体を無数に分裂させ、虎視眈々と集合復活のときを狙っていた。
欠片はそれぞれ異なる色の個体が存在し、個々の戦闘能力も高い。また『DX』に登場した際とは異なり過去の怪物を復活・誕生させる力はないものの、プリキュアの技や物体を吸収し力を増幅させる能力は健在であり、加えて様々な形に変形し・分裂することも可能である。人格は、フュージョンとしての邪悪さのみが備わっている。
再度スマイルプリキュアに襲いかかり、彼女たちの技を吸収してパワーアップすると、横浜の街を消滅させるべく行動を開始。それを阻止しようとするプリキュアたちと交戦する。やがてフーちゃんの当初の目的である「リセット」に固執し、街を消滅させるために最後まで暴走を続けたが、スマイルプリキュアによって倒された。
フーちゃん
声 - 熊田聖亜
フュージョンの欠片のひとつ。坂道であゆみに出会ったとき、「フー」と鳴いていたことから「フーちゃん」と名づけられた。
ほかの欠片と比較して身体が小さく、力も弱い。体色は黄色で、頭と身体にあたる部位しかないが、あゆみのためにブレスレットの模型に変身することもある。また成長するにつれてことばを覚え、手足が形成されていき、あゆみとゲームができるほどになる。
あゆみと出会った後、彼女と行動をともにして触れ合いを重ねるうちに、フュージョンから独立した人格をもち、あゆみに懐くようになる。やがてあゆみの力になりたい一心で自身を成長させるために、ほかの欠片たちに集合復活を呼びかける。またあゆみが漏らした「全部なくなっちゃえばいいのに」ということばをストレートに捉え、「あゆみが嫌いなものをリセットする」という歪んだ方向に意思が暴走し、フュージョンの欠片をあやつって横浜を消そうとする。
後にあゆみの真意を知ったことで元の「フーちゃん」に戻ったが、暴走したフュージョンに苦戦するスマイルプリキュアに力を与え、あゆみに別れの言葉を残して消滅した。

過去作品のプリキュアと妖精 編集

横浜を破壊しようとしていたフュージョンを倒すためにあらわれたプリキュアたちは、分裂したフュージョン捜索のシーンでは登場しなかったものの、後半の決戦時はミラクルライトの呼びかけに応じ、仲間の危機に駆けつけた。

妖精たちは冒頭のフュージョン戦において一部のみ[注 4]が劇中に登場するのみである。さらに、変身前の姿はラストシーンに登場する。

いずれも声の出演はなし。小説版ではキュアブラックのみ一言だけ台詞が有る。

ふたりはプリキュア / ふたりはプリキュア MaxHeart
美墨 なぎさ(みすみ なぎさ) / キュアブラック
雪城 ほのか(ゆきしろ ほのか) / キュアホワイト
九条 ひかり(くじょう ひかり) / シャイニールミナス
ルルン
ふたりはプリキュア Splash Star
日向 咲(ひゅうが さき) / キュアブルーム
美翔 舞(みしょう まい) / キュアイーグレット
ムープ
フープ
Yes!プリキュア5 / Yes!プリキュア5GoGo!
夢原 のぞみ(ゆめはら のぞみ) / キュアドリーム
夏木 りん(なつき りん) / キュアルージュ
春日野 うらら(かすがの うらら) / キュアレモネード
秋元 こまち(あきもと こまち) / キュアミント
水無月 かれん(みなづき かれん) / キュアアクア
美々野 くるみ(みみの くるみ) / ミルキィローズ
ココ
ナッツ
シロップ

過去作品の登場キャラクター 編集

ふたりはプリキュア Splash Star
日向 大介(ひゅうが だいすけ)
フュージョンに襲われて逃げ惑う群衆の中に登場。
フレッシュプリキュア!
桃園 圭太郎(ももぞの けいたろう)
桃園 あゆみ(ももぞの あゆみ)
蒼乃 レミ(あおの レミ)
一条 和希(いちじょう かずき)
山吹 正(やまぶき ただし)
山吹 尚子(やまぶき なおこ)
知念 大輔(ちねん だいすけ)
沢 裕喜(さわ ゆうき)
御子柴 健人(みこしば けんと)
魚屋
全てフュージョンに襲われて逃げまどう群衆の中に登場。
カオルちゃん
山下公園に登場(店舗は映されず)。
ミユキ
横浜赤レンガ倉庫」の前にみゆきと出会う。オールスターズ映画では珍しくスカート姿。
ハートキャッチプリキュア!
来海 ももか(くるみ ももか)
オールスターズ映画初登場。「赤レンガ倉庫」内でみゆきとすれ違う。
沢井 なるみ(さわい なるみ)
佐久間 としこ(さくま としこ)
志久 ななみ(しく ななみ)
黒田 るみこ(くろだ るみこ)
カオルちゃんの居る公園に登場。なるみとななみはオールスターズ映画初登場。
鶴崎(つるさき)
横浜中華街にて、フュージョンを追うみゆきと一瞬すれ違う。
サソリーナの素体だった女性[注 5]
熊本(くまもと)[注 5]
コブラージャの素体だった男性[注 5]
全員オールスターズ映画初登場で、カオルちゃんとファッション部員らと共に山下公園に登場。

声の出演 編集

キャラクター 声優
星空みゆき
キュアハッピー
福圓美里
日野あかね
キュアサニー
田野アサミ
黄瀬やよい
キュアピース
金元寿子
緑川なお
キュアマーチ
井上麻里奈
青木れいか
キュアビューティ
西村ちなみ
キャンディ 大谷育江
北条響
キュアメロディ
小清水亜美
南野奏
キュアリズム
折笠富美子
黒川エレン
キュアビート
豊口めぐみ
調辺アコ
キュアミューズ
大久保瑠美
ハミィ 三石琴乃
フェアリートーン 工藤真由
花咲つぼみ
キュアブロッサム
水樹奈々
来海えりか
キュアマリン
水沢史絵
明堂院いつき
キュアサンシャイン
桑島法子
月影ゆり
キュアムーンライト
久川綾
シプレ 川田妙子
コフレ くまいもとこ
ポプリ 菊池こころ
桃園ラブ
キュアピーチ
沖佳苗
蒼乃美希
キュアベリー
喜多村英梨
山吹祈里
キュアパイン
中川亜紀子
東せつな
キュアパッション
小松由佳
シフォン こおろぎさとみ
タルト 松野太紀
美墨なぎさ
キュアブラック
本名陽子
雪城ほのか
キュアホワイト
ゆかな
九条ひかり
シャイニールミナス
田中理恵
ルルン 谷井あすか
日向咲
キュアブルーム
樹元オリエ
美翔舞
キュアイーグレット
榎本温子
ムープ 渕崎ゆり子
フープ 岡村明美
夢原のぞみ
キュアドリーム
三瓶由布子
夏木りん
キュアルージュ
竹内順子
春日野うらら
ュアレモネード
伊瀬茉莉也
秋元こまち
キュアミント
永野愛
水無月かれん
キュアアクア
前田愛
美々野くるみ
ミルキィローズ
仙台エリ
ココ 草尾毅
ナッツ 入野自由
シロップ 朴璐美
坂上あゆみ
キュアエコー
能登麻美子
あゆみの母 赤江珠緒
フュージョン 子安武人
フーちゃん 熊田聖亜
奥様狐 滝沢久美子
ファイベルの父 島香裕

本作品のプリキュア 編集

冒頭で横浜を荒らしまわっていたフュージョンを退治した少女達として登場する。本作品では大々的に市民から応援を受け、さらにその事件を『横浜を救った伝説の戦士』として報道されたことによって、多くの人々から『プリキュア』という戦士の存在を認知されている。

関連アイテム
ミラクルデコルライト
劇中では「ミラクルライト」と呼称される。先端に「キュアデコル」を模した蛍光部が付いている。本作品ではプリキュアに力を与えるほか、仲間達を呼び寄せるための目印として使用されたり、キュアエコーをフーちゃんの居るタワー屋上へ導くための「光のレール」を作った。
それまでのオールスターズ映画の「ミラクルライト」は、先端の蛍光部がピンク色で、正式名称は「○○ミラクルライト」となっていたが、本作品より(一部を除く)シリーズ映画同様、蛍光部が白で、正式名称が「ミラクル○○ライト」に変更された。

キュアエコー 編集

坂上あゆみがキュアハッピーをかばい、フュージョンに飲み込まれたときに「フーちゃんに自分の本当の思いを伝えたい!」というこころに呼応して突如誕生したプリキュア。本作品では「29人目のプリキュア」という位置付けとなっている。

変身時の台詞は「思いよ届け!キュアエコー!

変身前に比べてサイドポニーが大幅に長くなり、それを結っていた赤いヘアゴムから淡いピンク色のリボンに変わっているほか、髪色と瞳もこげ茶色から金色に変化している。イメージカラーは白色で、アクセントとして若草色が入るほか、腰周りのリボンと肩周りは淡いピンク色になっている。胸には『スマイル』と同じブローチをつけているが色は白銀となり、中の「P」は緑色になっている。また、『スマイル』に登場するプリキュアたちとほぼ同形状の白のロングブーツを履いている。ほかのプリキュアのように、作中で明確な変身シーンや技を放つシーンは描かれていないが、変身解除後にキュアデコルに似たアイテムが足元に落ちる演出が存在する。

本作品以降のオールスターズ映画でも、2014年春公開の次々作『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』、2016年春公開の『映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!』にも登場している[注 6]。また、本作品ではパートナー妖精がいなかったが、『NewStage3』でグレルとエンエン[注 7]をパートナー妖精としている[注 8]。各作品における詳細は当該項目を参照。

玩具関連では、前述のエコーキュアデコルがバンダイから発売された「プリキュアオールスターズ キュアデコレクション プリキュアオールスターズNS」(後述)の中のひとつとして商品化された程度で、同じバンダイから発売されているプリキュア人形シリーズ「キュアドール!」、および後続商品の「プリコーデドール」にはラインナップされていない。その他のグッズ関係では、後述するアクションフィギュア「S.H.Figuarts」でフィギュア化されたほか、スリーシックスティの「プリキュア全員デカストラップ」「プリキュア全員アクリルスタンド」の1商品としてラインナップされている。また大半のプリキュアオールスターズ関連文献にもキュアエコーは紹介されておらず、2014年3月発刊のシリーズ10周年記念ムック「プリキュア10周年公式アニバーサリーブック」(メディアパル)でTVシリーズの歴代プリキュアたちとは別に、「劇場版紹介」ページのラストにキュアエコーの紹介と担当声優の能登麻美子のインタビューが、また2016年3月発行の「プリキュアオールスターズ まるごと大ずかん」(講談社)で紹介記述が記載されている程度である。

関連アイテム
エコーキュアデコル
形状はスマイルプリキュアのメンバーが変身に使用するキュアデコルと同様で、色が白くなっている。変身解除後の扱いについて作中では描かれていなかったが、『NewStage3』にてあゆみが所持していることが確認された[注 9]

一方玩具関連では、前述のエコーキュアデコルが商品化された程度で、バンダイから発売されているプリキュア人形シリーズ「キュアドール!」にはラインナップされておらず、プリキュアオールスターズ関連文献にもキュアエコーは紹介されてない。これからしてキュアエコーは、『ハートキャッチプリキュア!』のキュアフラワーや『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』のキュアアンジェ同様、「非公式のプリキュア」となった様である。

2014年3月15日公開の次々作『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』ではあゆみが登場する事になってたものの、ポスターでは相変わらずキュアエコーの姿は無く、総数は『NewStage2』の32名に『ドキドキ』のキュアエースと新参入『ハピネスチャージプリキュア!』の3名[16]を合わせた「36名」と宣伝されていた。だが、本編では『NewStage2』に登場した妖精グレルとエンエンの力であゆみは再びキュアエコーに変身できるようになり、彼女を含めれば37名となる。そして本編では、本作では見せなかった必殺技「プリキュア・ハートフル・エコー」を披露した。のちに『NewStage3』のエピローグにて、グレルとエンエンはキュアエコー(あゆみ)のパートナー妖精となり、プリキュア達が住む人間界に暮らすようになった。なお、『NewStage3』EDのダンス場面でキュアエコーは『ハピネスチャージ』のキュアハニーと共にダンスには参加しなかったが、画面のビジョンに1カットだけキュアエコーとグレル・エンエンが映される場面が有った。

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ「プリキュア〜永遠のともだち〜
作詞 - 六ツ見純代、作曲・編曲 - 高梨康治、歌 - 工藤真由
映像では23名のプリキュアと素顔が映されるが、キュアブラックからキュアリズムまでの「素顔」は、(いつき・ゆりを除き)過去のオールスターズ映画から流用。また戦闘シーンは『NewStage2』で、タルトが妖精学校の生徒達にプリキュアを教える場面でインサートされた。
後半、キュアブラックからミルキィローズまでのプリキュア11名が登場した時にも、挿入歌として使用。
エンディングテーマ「イェイ!イェイ!イェイ!
作詞 - 実ノ里、作曲 - 高取ヒデアキ、編曲 - 斎藤悠弥、歌 - 吉田仁美
『スマイルプリキュア!』のエンディングテーマをそのまま使用しているが、本作では28人のプリキュアが踊りを披露しており、CGキャラクターのモデリングもこれまでのものを踏襲している。

関連商品 編集

  • 小説『プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』(東堂いづみ・原作、成田良美・著、2012年3月19日初版発行、角川書店角川つばさ文庫ISBN 978-4-04-631233-4
    • 『DX3』に続くノベライズ第2作で、『DX3』同様、初版分はカバーの地色が角川つばさ文庫の緑ではなく、ピンク色になっている。ストーリーは『DX3』の様な大幅なアレンジはしておらず、映画版に近いが、映画プロローグでのフュージョン対プリキュア23名の戦いは省かれている。また掲載イラストは『DX3』同様、宣伝イラストから流用しているため、本編とは違う場面が存在する[17]
  • アニメコミック『プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』(2012年6月20日初版発行、一迅社
    • 本作の映像を再編集したフィルムコミック。冒頭の「登場人物紹介」ではプリキュア28名のみ紹介、妖精・あゆみ(キュアエコー)・フュージョン・フーちゃんなどは紹介されてない。OPは「妖精たちの応援とタルトの『ミラクルライト』解説」シーンを除き、ノンクレジットで収録されているが、EDは省かれた。
  • CD『プリキュア〜永遠のともだち〜』(マーベラスAQL/ソニー・ミュージックディストリビューション、2012年3月14日発売、MJSS-09074)
  • CD『映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち オリジナル・サウンドトラック』(マーベラスAQL/ソニー・ミュージックディストリビューション、2012年3月14日発売、MJSA-01042)
  • DVD/BD『映画プリキュアオールスターズ NewStage みらいのともだち』(マーベラスAQL/TCエンタテインメント、2012年7月18日発売)
    • DVD特装版(TCED-1535)/DVD通常版(TCED-1536)/Blu-ray特装版(TCBD-0130)
    • 特装版は、映像特典としてエンディングムービーのノンテロップバージョンとメイキングバージョン、舞台挨拶、テレビ特番「映画プリキュアオールスターズ NewStage(ニューステージ)みらいのともだち 〜公開記念特番〜」、TVスポット、予告集、ピクチャーコレクションを収録、おしゃれふうとうとリーフレットを同梱、カラーケース・ピクチャーレーベル仕様。ブルーレイ・DVD共に字幕あり。

特別番組 編集

映画 プリキュアオールスターズNew Stage みらいのともだちのすべて』が、全国各局で放送された。ナレーションはキャンディ(大谷育江)。

放送地域放送局放送期間放送日時放送系列備考
香川県・岡山県瀬戸内海放送2012年3月17日土曜 6:00 - 6:30テレビ朝日系列
静岡県静岡朝日テレビ土曜 6:15 - 6:45
神奈川県tvk土曜 10:30 - 11:00独立局
石川県北陸朝日放送テレビ朝日系列
日本全域BS11土曜 19:30 - 20:00BS放送アニメ+』枠
長崎県長崎文化放送土曜 27:35 - 28:05テレビ朝日系列
長野県長野朝日放送土曜 28:45 - 29:15
新潟県新潟テレビ212012年3月18日日曜 5:20 - 5:50
中京広域圏メ〜テレ日曜 6:00 - 6:30
近畿広域圏朝日放送
福岡県九州朝日放送
埼玉県テレ玉日曜 13:00 - 13:30独立局
東京都TOKYO MX日曜 14:30 - 15:00マルチ編成のためSD画質
福島県福島放送日曜 25:45 - 26:15テレビ朝日系列
富山県チューリップテレビ2012年3月19日月曜 15:55 - 16:24TBS系列『映画ナビ』枠
鹿児島県鹿児島放送月曜 26:45 - 27:15テレビ朝日系列
日本全域東映チャンネル2012年3月20日火曜 15:30 - 16:00CS放送リピート放送あり
大分県大分朝日放送2012年3月24日土曜 6:00 - 6:30テレビ朝日系列
沖縄県琉球朝日放送土曜 6:30 - 7:00
宮崎県宮崎放送2012年3月25日日曜 5:15 - 5:45TBS系列
日本全域アニマックス日曜 7:00 - 7:30BS/CS放送
山梨県テレビ山梨2012年3月26日月曜 9:55 - 10:25TBS系列
山形県山形テレビ2012年3月29日木曜 16:00 - 16:30テレビ朝日系列
青森県青森朝日放送2012年4月2日月曜 10:30 - 11:00

テレビ放送 編集

番組では『ドキドキ!プリキュア』のキュアハート(声 - 生天目仁美)が声のみで進行役を担当、番組内で『映画 ドキドキ!プリキュア』の情報や、本作に関するクイズも放送された。
なお番組では、冒頭の「東映マーク」(荒磯に波)と「東映アニメーションマーク」(長靴猫シリーズのペロ)を始め、本編部の「ミラクルライト」関連場面[20]などの一部の場面が削られて放送された。

その他 編集

  • 今回上映するにあたり、舞台となる横浜市と全面的なタイアップを行い、2012年3月10日より市内9ヶ所に等身大のプリキュアが描かれたキャラクターボードを設置し撮影できる「プリキュアフォトスポット巡り」、横浜市営地下鉄の7駅[21]と観光施設2ヶ所で行うスタンプラリー、プリキュアのデザインがラッピングされた市営バスの運行[22]、「横浜市小児救急電話相談ダイヤル」の周知を行うためにプリキュアが描かれた告知カードの制作・配布を行う[23]


外部リンク 編集

テンプレート:志水淳児監督作品


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません
引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki