FANDOM


プリキュアシリーズ > ハピネスチャージプリキュア! > 映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ
映画 ハピネスチャージプリキュア!
人形の国のバレリーナ
監督 今千秋
脚本 成田良美
原作 東堂いづみ
製作 2014 映画ハピネスチャージプリキュア!製作委員会
出演者 中島愛
潘めぐみ
北川里奈
戸松遥
松井菜桜子
小堀幸
ふなっしー
音楽 高木洋
主題歌

ハピネスチャージプリキュア!WOW!
仲谷明香

パーティ ハズカム
吉田仁美
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2014年10月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち
次作 映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪
  

映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ』(えいが ハピネスチャージプリキュア にんぎょうのくにのバレリーナ)は、2014年10月11日公開の『ハピネスチャージプリキュア!』の劇場アニメ映画

キャッチコピーは「愛と友情のきずながキセキをおこす!」。

概要 編集

プリキュアシリーズ映画作品の第17弾であり『ハピネスチャージプリキュア!』の単独映画作品。本作では同年春公開の『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』では声がなく顔見せ程度で登場したキュアハニーが声つきで登場し、同作では明かされていなかった正体の大森ゆうことしても登場するほか、同作未登場の氷川いおな(キュアフォーチュン)、ぐらさん、相楽誠司、増子美代も登場する。

本作の監督として、初めて東映アニメーション所属者ではなく、外部から今千秋を起用している。プロデューサーの柴田宏明は、同じく外部からの起用となったキャラクターデザイン・作画監督の大田和寛とともに、「外部のスタッフをメインに据えて作っていただくのも面白い、中の人にも刺激になる」と起用意図を語っている[1]。今も以前からプリキュアシリーズが好きで、「いつかはプリキュアシリーズの監督をしてみたい」という夢を持っており、柴田に頼み込んで前年の『ドキドキ!プリキュア』から演出を手がけ、本作で念願叶っての監督起用となった[2]

また、ゲスト声優として堀江由衣小野大輔森川智之[注 1]が出演[3]、さらに千葉県船橋市の非公認キャラクター、ふなっしーが本人役で出演[注 2]し、本作の応援隊長に就任している[4]

本作でもミラクルライトによる鑑賞者参加型システムが継続され、今回は「ミラクルドレスライト」が中学生以下の子供に配布される。そして恒例「プロローグでの『ミラクルライト』の使用解説」は、今までは「前説」的な要素で本編とは別に行っていたが、本作では趣を変え、冒頭、「ふなっしーショー」に現れたサイアークとプリキュアが戦闘中にリボン・ぐらさん・美代が説明している[注 3]。また子供客には「くるりん♪サンバイザー」[注 4]という紙製サンバイザーがプレゼントされるが、その一方、『映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪』以来行われていた「データカードダスプレゼント」は、本作では「25万名限定映画特製プリカードプレゼント」に変更、しかも子供客だけでなく、大人の客にもプレゼントされる事になっている。また、番組公式アプリとの連動も行われ、ミラクルドレスライト(大人の客には案内のカード)にあるロゴマークを読み取ることで、上映終了後にメッセージ音声が入手できる。

上映の最後にはプリキュアオールスターズシリーズの新作として、『映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪』の特報が上映された[注 5]

全国210スクリーンで公開され、2014年10月11、12日の初日2日間で動員8万5396人、興収1億38万9600円を記録、興行通信社による映画観客動員ランキングでは初登場第5位に入った[5]。また、ぴあの調査による初日満足ランキングでは第2位に入っている[6]

ストーリー 編集

めぐみたちが保育園で人形劇を披露していたときのこと。突然その中にあったバレリーナの人形がしゃべりだし、「王国を救ってほしい」と告げる。つむぎというその人形の少女に連れられて、めぐみたちは人形たちが住むドール王国へと向かい、そこにいた王子のジークに招待され、城での舞踏会を楽しむことになる。

そうしたなか、めぐみはつむぎの様子がおかしいことに気づき、何があったのか聞こうとする。一方ジークに一目惚れしたひめは、彼との恋の予感を感じていたのだが、その最中にサイアークが襲撃、謎の男・ブラックファングによってつむぎは囚われの身となってしまう。そして王国に隠された悲しい秘密を知っためぐみたちプリキュアはつむぎを、王国を救うためブラックファングに立ち向かう。

登場人物 編集

本編からの登場人物 編集

愛乃 めぐみ(あいの めぐみ) / キュアラブリー / スーパーハピネスラブリー
- 中島愛
白雪 ひめ(しらゆき ひめ) / キュアプリンセス
声 - 潘めぐみ
大森 ゆうこ(おおもり ゆうこ) / キュアハニー
声 - 北川里奈
氷川 いおな(ひかわ いおな) / キュアフォーチュン
声 - 戸松遥
リボン
声 - 松井菜桜子
ぐらさん
声 - 小堀幸
ブルー
声 - 山本匠馬
相楽 誠司(さがら せいじ)
声 - 金本涼輔
めぐみ達と共に保育園に行ったが、そこでつむぎと出会い、一緒に「ドール王国」へ出発する。クライマックスではリボン・ぐらさんと共に、「ミラクルドレスライト」でプリキュアを応援した。
なお「映画で異世界へ言ったプリキュアでない人間」というのは、誠司がシリーズ初である。
増子 美代(ますこ みよ)
声 - 小島幸子
プロローグで「ふなっしーショー」を取材中、サイアークとプリキュアの戦闘に出くわし、「ミラクルドレスライト」でプリキュアを応援、またクライマックスでもふなっしーらと共に、人間界でプリキュアを応援した。

ドール王国 編集

人形たちが暮らしている世界。中央には豪華ながあり、街中は洋風な外観をしている。周囲は緑の草原で、風車や動く大樹などがある。

つむぎに招かれたプリキュアたちを国民規模で出迎え、彼女たちにバレエの披露会などを催している。

実はブラックファングによってつくられた世界であり、国民である人形たちは元々つむぎが所有していた人形である。また、ところどころに不幸を紡ぐ黒いクモの糸が覆いつくされている。そのため、ブラックファングが倒されると世界ごと消滅する。

つむぎ
声 - 堀江由衣
ドール王国のバレリーナの人形で、青色のロングヘアをした少女。一人称は「わたし」。
大きなバラをつけた帽子をかぶり、赤色と白色を基調としたドレスを着ている。
正体は、ブラックファングによって足が動かなくなった人間であり、現実世界では車椅子生活で自室に篭り、現在では友人と呼べるものは人形しかない。
バレエを踊ることがいちばんの幸福であり、自分が幸福になれるドール王国をつくってくれたブラックファングを慕っており、彼が悪人と知りつつも協力している。
物語冒頭では人形姿になって「ぴかりが丘保育園」に出向き、ブラックファングが倒されることがないよう、プリキュアたちを倒すために彼女たちをドール王国に招待する。
プリキュアたちを招待したあとは真の目的を明かし、サイアークや自分の人形たちを使役してプリキュアを始末しようとする。
物語中盤では、自分を心配してくれるプリキュアや人形たちの姿勢をみるが、「自分の足が動かない現実は変わらない」「プリキュアにもできないことがある」と拒絶したことで、世界を滅ぼすほどの不幸のエネルギーを放出してゆく。
最終的に自分を不幸にしていた黒幕がブラックファングだと知り、今までの自分の行為を後悔する。しかし、それでも自分のしあわせを願ってくれるキュアラブリーの説得で改心し、ついにはプリキュアを応援するようになる。
ブラックファングが倒されたことで人間へと戻り、いまだに自分の足が治らないことで一時は悲しむ。しかし、最終的にはバレエの発表会に出向くようになり、プリキュアたちに見守られながら笑顔をみせるようになった。
最終的にバレエの発表会に出ているため、足は完治もしくは回復しつつある模様。
外見としてのモデルは、つむぎ役の「堀江由衣」の声を元に、キャラクターデザインである大田和寛がデザインしている[7]
ジーク
声 - 小野大輔
ドール王国の王子。片目を隠した長髪と水色の瞳が特徴の美青年。一人称は「わたし」。
白色を基調とした上着と紺色のスラックスを着ている。また、を帯刀している。
スタイルファッションセンスもこなしているため、ひめには好意の目で見られている。
正体は、現実世界のつむぎの人形であるが、ブラックファングがつくったドール王国内では前述の姿になる。そのため、ブラックファングに対してはある程度の感謝はしている。
物語序盤では、ドール王国へと招かれたプリキュアたちを白馬に乗って出迎え、彼女たちをバレエの披露会などに向かわせる。
物語中盤では、つむぎを不幸にさせてゆくブラックファングに敵意を示し、彼と決闘を行うも敗れる結果となり、つむぎに別れのことばを残して人形の姿へと戻る。
物語終盤では、現実世界でプリキュアたちとともに人形として、つむぎのバレエの発表会を見守っていた。

本作の敵 編集

ブラックファング
声 - 森川智之
幻影帝国の幹部で、紫色の長髪と白い肌をした怪人。一人称は「わたし」。
大きくて長い緑色の帽子と紫色の仮面が特徴。紅色のタイツを身にまとい、青色と黒色を基調としたマントを覆い、服にはスペードのマークをつけている。
不幸を紡ぐ黒いクモの糸をあやつる能力があり、世界中から夢や希望を奪い去り、莫大な不幸エネルギーを吸収することにより、クイーンミラージュをも凌ぐ力を手に入れて、全世界を手中に収めようと暗躍している。
つむぎの足を動かなくした張本人であり、彼女を利用して絶望のエネルギーを得るため、「ドール王国」をつくりだしてつむぎを誘惑し、邪魔な存在であるプリキュアを排除しようと企む。
精神攻撃に長けており、つむぎを「すべての不幸」と貶め、「人間がいるかぎり不幸はなくならない」という持論をもつ。
プリキュアたちを圧倒するほどの強敵であり、プリキュアのほとんどの技が通用しない。また、「ミラクルライト」の効果も弾くこともできる。
つむぎがプリキュアたちを招待したことで真の目的を明かし、用済みとなったつむぎを黒いクモの糸で閉じ込めて、彼女にジークやプリキュアたちが倒される状況をみせてさらに絶望させてゆく。
最終的には、つむぎの不幸のエネルギーを手に入れたことで最終形態へと変貌し、すべての世界を不幸で紡ごうとするが、怒りが頂点に達したプリキュアたちの猛攻で劣勢になり、最期はスーパーハピネスラブリーの「ラブリー・ミラクルラブモーション」をうけて倒された。
キャラクターとしては「圧倒的な悪いヤツ」とされており、「親しみやすさゼロ」「こころおきなくブン殴れる相手」として描写されている[8]
最終形態
巨大な翼形の暗黒色のエレルギー体のような姿になり、中央には光が灯っている。
とてつもなく強力な不幸の力をもっており、巨大な光線を放つことができる。

怪物 編集

サイアーク
声 - 増元拓也
幻影帝国の怪物。本作ではブラックファングが複数生みだしている。
赤色、桃色、青色、緑色などのマフラーを身につけているが、マフラーをつけていない個体も存在している。
すべて不幸の糸から生まれた存在であり、共通の能力として、不幸を紡ぐ黒いクモの糸を各地へ広げる能力をもっている。
なんども浄化されても、不幸の糸が消滅しないかぎり、再生しては復活をとげるという性質をもっている。
なおプロローグでは、若い主婦を拉致して誕生した「宝石型」が登場した。

その他 編集

ふなっしー
声 - ふなっしー
プロローグの「ふなっしーショー」に登場していたが、サイアークに襲われるも、「ミラクルドレスライト」を振って応援した。物語終盤でもミラクルドレスライトを振って応援、観客にも応援を呼びかけた。

スーパーハピネスラブリー 編集

本作におけるキュアラブリーの強化モード。つむぎがプリキュアを応援する気持ちと、ミラクルドレスライトによる応援の力を受けて変身した。衣装の形状は『白鳥の湖』に見られるような羽毛があしらわれたチュチュ状のコスチュームで、背中に大きな翼が生えている。

変身後は他の3人のプリキュアの力も得てブラックファングに向かって「プリキュア・ミラクルラブモーション」を放ち、撃破した。

作品用語 編集

ふなっしーショー
映画プロローグ、ぴかりが丘で行われた「ふなっしー」主演の屋外ショー。そこで「宝石型サイアーク」とプリキュアの戦闘が始まり、その最中にリボン・ぐらさん・美代による「ミラクルドレスライト」の説明が行われた。
ぴかりが丘保育園
めぐみ達が人形劇を行った保育園
ミラクルドレスライト
本作のミラクルライト。先端に「亀甲模様が施されたハート」状の蛍光部が付いているが、色がピンクになっており、また下のグリップ部は白で、ドレス状の装飾が施されている。グリップ色が白でライト色がピンクになったものはシリーズでは初の仕様となる[注 6][9]
本作では冒頭部と終盤で使われており、冒頭部では上述のようにふなっしーショーでの戦闘でライトの説明を兼ねる形で使われ、プリキュア達に力を与えた。終盤ではブルーがリボン・ぐらさん・誠司・美代、そして地球の人々にライトを与え、プリキュアを応援するよう促し、その力がドール王国に向かっていったが、ブラックファングが張り巡らせた黒い糸によって阻まれてしまう。しかし、つむぎがプリキュアを応援するようになると糸が白くなり、阻まれていた光が入るようになっていき、キュアラブリーに力を与えスーパーハピネスラブリーへと変身させた。

スタッフ 編集

主題歌 編集

オープニングテーマ「ハピネスチャージプリキュア!WOW!
作詞 - 青木久美子、作曲 - 小杉保夫、編曲 - 大石憲一郎、歌 - 仲谷明香
エンディングテーマ「パーティ ハズカム
作詞 - 只野菜摘、作曲 - ヒザシ、編曲 - 古川貴浩、歌 - 吉田仁美
前年の『映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』同様に、映画仕様として1コーラス長くなっており、映像もテレビシリーズ同様の映像の後、スタジオがある飛行船からイノセントフォームで飛び降り、キュアラブリーはスーパーハピネスラブリーへとフォームチェンジ、スタジアムの真ん中に設置されたステージに着地してそのまま歌い続けるという演出が施されている。
また、前年同様に「EDダンス前の解説」は行われていない。
挿入歌「勇気が生まれる場所
作詞 - こだまさおり、作・編曲 - 高木洋、歌 - キュアラブリー(中島愛)、キュアプリンセス(潘めぐみ)、キュアハニー(北川里奈)、キュアフォーチュン(戸松遥)

動画 編集

『映画ハピネスチャージプリキュア 人形の国のバレリーナ』予告編01:21

『映画ハピネスチャージプリキュア 人形の国のバレリーナ』予告編

関連サイト 編集

テンプレート:Movie-stub テンプレート:Anime-stub


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません
引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki