FANDOM


プリキュアシリーズ > ドキドキ!プリキュア > 映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス
映画 ドキドキ!プリキュア
マナ結婚!!?
未来につなぐ希望のドレス
監督 伊藤尚往
脚本 山口亮太
原作 東堂いづみ
製作 2013 映画ドキドキ!プリキュア製作委員会
出演者 生天目仁美
寿美菜子
渕上舞
宮本佳那子
釘宮理恵
西原久美子
寺崎裕香
大橋彩香
内山夕実
今井由香玄田哲章

矢田稔
谷原章介
音楽 高木洋
主題歌

Happy  Go Lucky! ドキドキ!プリキュア
黒沢ともよ

ラブリンク
吉田仁美
製作会社 東映アニメーション
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 2013年10月26日
上映時間 72分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.5億円[1]
前作 映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち
次作 映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち
  

映画 ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス』(えいが ドキドキ!プリキュア マナけっこん!!?みらいにつなぐきぼうのドレス)は、2013年10月26日公開の『ドキドキ!プリキュア』の劇場アニメ映画

キャッチコピーは「未来の世界へ、レッツゴー! 大切な思い出も、みんなの夢も わたしたちが守る!」。

概要 編集

プリキュアシリーズ映画作品の第15弾[2]であり『ドキドキ!プリキュア』の単独映画作品。今回の作品では「大切な思い出」や「未来」を主題に描いており、過去・現在・未来を行き来する物語となっている。なお題名に「変身前のプリキュアの名前」が付いたのはシリーズ初。ほかにプリキュアシリーズとしては珍しく出血シーンが存在する。

本作では初めて劇場作品にキュアエースとアイちゃんが登場。そして今回のゲストキャラクターとして、過去・現在・未来を自在に行き来できる謎の男、マシューが登場し、声を谷原章介が担当。谷原は娘とともに『ハートキャッチプリキュア!』の頃からプリキュアシリーズのファンであることを明かすと共に、「愛すること、物を大事にすることの大切さを感じ、そしてご両親はもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に劇場でドキドキしてください!」と語っており、東映アニメーションの柴田宏明プロデューサーは谷原を起用した理由について、「役者としてさまざまなキャラクターを演じ分けられ、アニメーションでの声の出演のご経験も豊富であり、また、今回のテーマである『受け継がれる愛』を体現されているようなすてきな方に演じていただきたいと思い、オファーした」と語っている[3]

ストーリー 編集

マナは、祖母のいすずと母のあゆみが着たというウェディングドレスをあゆみから貰う。「このドレスを着るのはいつだろう」とマナが思っていた時に、謎の男マシューが現れ、過去の世界へ飛ばされてしまう。過去の世界で亡くなったいすずやかつて飼っていた愛犬のマロと再会するが、六花やありすがおらず、思い出が書き換わったと知る。このままでは過去も未来も変わってしまうと、それを守るため行動を起こす。

登場人物 編集

本編からの登場人物 編集

相田 マナ(あいだ マナ) / キュアハート/キュアハート・エンゲージモード
声 - 生天目仁美
本作は幼馴染みである六花とありすがいない過去の世界に迷い込む。プリキュアシリーズとしては初めて流血するシーンとなった。またプロローグの「ミラクルライト解説」場面では、まず冒頭でご挨拶をし、最後は「ライトの無いお友達は心の中で応援する様に」と発言した。
菱川 六花(ひしかわ りっか) / キュアダイヤモンド
声 - 寿美菜子
本作は過去のありすと会った事とパートナーのラケルがぶつかった事で記憶を取り戻す。「解説」場面ではミラクルブーケライトを紹介した。
四葉 ありす(よつば ありす) / キュアロゼッタ
声 - 渕上舞
本作は過去の六花と会った事とパートナーのランスがぶつかった事で記憶を取り戻す。「解説」場面では「皆がライトで応援すると奇跡が起こる」と発言した。
剣崎 真琴(けんざき まこと) / キュアソード
声 - 宮本佳那子
本作はトランプ王国が滅ぶ前の世界で平和のままにしたい事に迷い込むが、ダビィの説得によって戦う事を決意した。「解説」場面では観客に「プリキュアがピンチになったらライトを着けて応援しよう」と発言した。
円 亜久里(まどか あぐり) / キュアエース
声 - 釘宮理恵
本作はキュアソードの過去の世界に登場する。マナ達とは違って中盤から登場する為、出番は余り少ない。その代わり「解説」場面では、「ライトを直接見たり、友達のライトを引っ張ったり、ライトを振り回す事は、危険だからやらない様に」と警告した。
シャルル
声 - 西原久美子
本作はマナの過去の世界へ飛び込み、マナを助けようとする。
ラケル
声 - 寺崎裕香
本作は六花とありすの過去の世界へ飛び込む。
ランス
声 - 大橋彩香
本作は六花とありすの過去の世界へ飛び込む。
ダビィ / DB
声 - 内山夕実
本作はTV本編には見せられなかったアクションを披露した。
アイちゃん
声 - 今井由香
本作ではキュアエースと共にキュアソードの過去の世界に登場した。
相田 健太郎(あいだ けんたろう)
声 - 金光宣明
相田 あゆみ(あいだ あゆみ)
声 - 上田晴美
坂東 宗吉(ばんどう そうきち)
声 - 石住昭彦
菱川 悠蔵(ひしかわ ゆうぞう)
声 - 前田剛
菱川 亮子(ひしかわ りょうこ)
声 - 湯屋敦子
セバスチャン
声 - 及川いぞう
マナ達を救出しようと駆けつけるが、マシューの攻撃に吹き飛ばされてしまう。
四葉 星児(よつば せいじ)
声 - 中村秀利
二階堂(にかいどう)
声 - 佐藤拓也
百田(ももた)
声 - 桜井翼
八嶋(やしま)
声 - 一木千洋
マリー・アンジュ
声 - 今井由香[4](ノンクレジット)

ネズミ 編集

パパ・マウスクビッツ(ファイベルのパパ)
声 - 玄田哲章
大きくなったファイベルの父(パパ)。
アルノール
声 - 矢田稔
大きくなったネズミ。

本作のオリジナルキャラクター 編集

ベベル
声 - 杉山佳寿子
マナたちを救出しようとするシャルルたちの前にあらわれた妖精。マシューとは古いつきあいだという。
正体はいすずが妖精に姿を変えたもの。
最後はマシューのプシュケーとともに、マナたちに別れを告げて消える。
坂東 五十鈴(ばんどう いすず)
声 - 杉山佳寿子(ベベルと2役)
マナの母方の祖母。普段から着物を着ており、日頃から世話焼きである。現在ではすでに故人である。
マナが生まれた際に、「愛(マナ)」と命名しており、宗吉からは「お前のような世話焼きな子になる」と言われている。

本作の敵 編集

クラリネット
声 - 池田勝
マシューを唆した黒幕。その名のとおり、黒色のクラリネットの姿をしている。普段は、マシューの道具として正体を隠している。
人々が物などを粗末にしたり、忘れたりするかぎり不死身の存在。
過去や未来に移動する能力をもち、プリキュアの「プリキュア・ラブリーストレートフラッシュ」をも効かないほど。また、自身の音色で物体を動かしたりする。
マシューがプリキュアたちと和解したことで姿をあらわし、未来の世界の輝きを消す行動に移行し、改造した浮遊船を使用して未来の世界を襲撃する。だが、同じく未来の世界に来たプリキュアたちと交戦になり、結果としてエンゲージモードへとパワーアップしたキュアハートの技をうけて浄化された。
なぜ、未来の世界を滅ぼそうとしたのかは不明。また、マナが唯一「許さない」と判断する敵となった。
マシュー
声 - 谷原章介
「オモイデの世界」の王を自称する、銀髪の男。目隠し型の仮面と、紫色のマントを着用している。
正体はマナが幼いころに飼っていた犬の「マシュマロ」。死んだ自身を置き去りにする未来を悲観し憎み、楽しかった過去に固執する。マナをオモイデの世界に閉じ込めて、自分といっしょに永遠に留ませようと考えている。
強力な戦闘能力をもち、プリキュアの「プリキュア・ラブリーフォースアロー」すら通用しない相手。プリキュアたちの変身を解く能力や、「イレブンファング」という技をもつ。また、巨大なのような姿に変身することも可能。
物語序盤では人間界の閉鎖された映画館を拠点とし、マネキンカーマイン、シルバークロック、パープルバギーを生み出して町を次々と制圧し、人々をオモイデの世界に閉じ込める。
マナもオモイデの世界に招待するが、マナが自身のことを忘れていると誤解した結果、プリキュアたちに敵対心をあらわにしてオモイデの世界に閉じ込める。
物語中盤では、プリキュアたちがオモイデの世界から脱出したことで怒りが頂点になってマナにかみつくが、マナの思い遣りが健在であることを確認したため改心し、プリキュアたちと和解する。
物語終盤ではマナたちに協力するが、彼女たちをクラリネットの攻撃からかばって負傷し、最期はプリキュアたちに力を託し、マナに別れの言葉を残して消滅する。消滅したあとに残った「プシュケー」はベベルに拾われた。
マシュマロ(略称はマロ)
相田家でかつて飼っていた犬。マシューの正体でもある。
子犬のころ、捨てられていたところをマナに拾われる。マシュマロのように白く、ふわふわしていることから命名された。
マナの足音が判別できるほどに懐いている。
マナが祖母の見舞いにいった際、マナを追いかけたときに車にはねられて命を落した。

マシューの配下たち編集

マネキンカーマイン
声 - 浅野まゆみ
女性型のマネキンから生まれた、マシューの配下。
分身能力をもち、格闘技が得意。本当の姿になると筋肉質の巨人となる。
キュアソードとキュアエースと戦って敗北するが、最期は自爆して反撃した。
シルバークロック
声 - 稲葉実
古びた時計から生まれた、マシューの配下。老人のような紳士的な言葉使いをする。
短い針を駆使して攻撃し、伸びる手足を使役して打撃してくる。
パープルバギーと合体して巨大な姿になり、キュアダイヤモンドとキュアロゼッタと戦うが、結果として倒された。
パープルバギー
声 - 江川央生
壊れかけのバイクから生まれた、マシューの配下。荒っぽい性格。
バイクのため、スピードを駆使した戦法が得意。
シルバークロックと同じ経緯をたどる。

キュアハート・エンゲージモード 編集

本作に登場するキュアハートのパワーアップ形態。キュアハートをかばったマロのプシュケーを取り込んで変身し、ウェディングドレスを模したロングドレス調のコスチュームとなっている。最初持っているブーケは弓矢へと変化する。

なお背中には、今まで「TVシリーズ映画限定の強化モード」に使われた「大きな翼」が全く無いが、「翼が無い強化モード」は、『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』の「スーパープリキュア」以来。しかしこれは翼の代わりに「蝶の羽根」が付いているため、それすらも無いのは『映画 ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち』の「スーパープリキュア」以来。

作品用語 編集

ミラクルブーケライト
本作の「ミラクルライト」。「愛」と「結婚」をテーマにした作品に因み、先端にブーケで縁取られたハート型の蛍光部が付いており、その蛍光部の中には「ウェディングベル」が描かれている。「ハート」をモチーフにした「ミラクルライト」はこれで4番目[注 1]。名前にフランス語[注 2]が用いられたのは史上初。
劇中ではプリキュア・妖精(ベベルを含む)・マシュー達が未来の世界に行く時に使用、アイちゃんの「きゅぴらっぱ〜」の声と同時に皆に転送され、皆がライトを振った事で未来の世界へ転送、同時に傷付いたプリキュアは能力を回復した。
なお発光時のかけ声は、それまでの「プリキュア、頑張れ!!」から、オールスターズ映画「DX3部作」で使われた「プリキュアに力を!!」に変わった。

スタッフ 編集

  • 製作 - 高木勝裕(東映アニメーション)、有川俊(東映)、山本晋也(朝日放送)、古澤圭亮(バンダイ)、和田修治(アサツー・ディ・ケィ)、中山晴喜(マーベラスAQL)、木下直哉(木下グループ)
  • 原作 - 東堂いづみ (講談社なかよし 連載)
  • 企画 - 柴田宏明、土肥繁葉樹
  • 企画協力 - 西出将之、佐々木礼子
  • 脚本 - 山口亮太
  • キャラクターデザイン - 高橋晃上野ケン
  • 総作画監督 - 上野ケン
  • 美術監督 - 倉橋隆
  • 美術設定 - 増田竜太郎
  • 色彩設計 - 小日置知子、佐久間ヨシ子
  • 撮影監督 - 高橋賢司、上條智也
  • CGディレクター - 牧野快
  • 編集 - 麻生芳弘
  • 音響監督 - 石野貴久
  • 音楽 - 高木洋
  • 音楽プロデューサー - 栗山大輔、犬塚舞、鎌田佳代子
  • 音楽制作 - 株式会社マーベラスAQL
  • 製作担当 - 額賀康彦
  • エンディングディレクター - 日向学
  • 副監督 - 鎌谷悠
  • アニメーション製作 - 東映アニメーション
  • 製作 - 映画ドキドキ!プリキュア製作委員会 (東映アニメーション東映朝日放送バンダイアサツー ディ・ケイ株式会社マーベラスAQL、木下グループ)
  • 監督 - 伊藤尚往

主題歌 編集

オープニングテーマ「Happy Go Lucky! ドキドキ!プリキュア
作詞 - 藤林聖子、作曲 - 清岡千穂、編曲 - 池田大介、歌 - 黒沢ともよ
オープニング映像はマナが夢で見た将来の結婚式の光景を描いており、イーラが花婿、ベールが神父、マーモが伴奏のピアニストに変装して忍び込んでいる[注 3]。また「トランプ王国内ジコチュー」(イカ型、ゴリラ型、ハゲタカ型)を始め、既にTV本編で登場した多数のジコチューも登場する[注 4]
エンディングテーマ「ラブリンク
作詞 - 利根川貴之、作曲 - Dr.Usui、編曲 - Dr.Usui&Wicky.Recording、歌 - 吉田仁美
映画仕様として1コーラス長くなっているほか、映像も当該箇所でキュアハートがエンゲージモードとなり、プリキュア達がミラクルブーケライトを振ったり、それぞれのマークのポーズをとる演出がなされている。
なお、2009年公開の『映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?』以来行われてきた「EDダンス前の解説」は、本作では行われていない。
映画テーマソング「たからもの
作詞 - 六ツ見純代、作・編曲 - 高木洋、歌 - 相田マナ(生天目仁美)・菱川六花(寿美菜子)・四葉ありす(渕上舞)
劇中では挿入歌として使用。

封切り 編集

シリーズ恒例の鑑賞者参加型のシステムは継続され、今回は「ミラクルブーケライト」というミラクルライトが中学生以下の子供に配布される[5]。そして恒例「プロローグでのミラクルライトの使用解説」は、本作では変身前のプリキュア5名と5妖精の計10名で行われる[注 5]

上映の最後に次作『映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』の特報が流れ、2014年3月15日に公開する予定であることが発表された[6]

また、本作はシリーズ映画作品としては初めて、第26回東京国際映画祭の特別招待作品となることが決定し、10月17日に谷原やプリキュア役の声優、プリキュアのキャラクター達がオープニングカーペットアライバルに登場、10月20日にワールド・プレミア上映された[7]

全国199スクリーンで公開され、2013年10月26、27日の初日2日間で興収2億1,341万200円、動員19万1918人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった。これは前年の『映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』の興収比110.3%、動員比110.4%を記録し、2010年の『映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?』を上回る、秋公開の単独作品としては初週最高記録となった[8][9]。また、ぴあの調査による初日満足度ランキングでは満足度91.4を獲得し、同日公開の『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』などを抑えて第1位となっている[10]。公開2週目で同順位をキープし、累計動員47万9,124人、累計興収5億2,605万9,300円と好調な成績を記録している。最終興収は9.5億円[1]

なお上映時間は「72分」だが、これは2008年公開の『映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪』の「75分」に次ぐ記録で、2010年公開の『映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!』の「72分」と同時間。ただし『映画 Yes!プリキュア5GoGo!』の「75分」は、同時上映の短編作『ちょ〜短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ』を合わせた時間であり、単独作では『DX2』と同じ最長、TVシリーズ映画では最長である。

テンプレート:Movie-stub テンプレート:Anime-stub


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません
引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki