FANDOM


映画 ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち
監督 志水淳児
脚本 成田良美
製作 2005 映画ふたりはプリキュアM2製作委員会
出演者 本名陽子
ゆかな
田中理恵
関智一
矢島晶子
池澤春菜
谷井あすか
島香裕
千々松幸子
青野武
野沢雅子
音楽 佐藤直紀
主題歌 DANZEN! ふたりはプリキュア (Ver. Max Heart)
ギャグ100回分愛してください
配給 Flag of Japan東映
公開 Flag of Japan2005年12月10日
上映時間 約71分
製作国 Flag of Japan 日本
言語 日本語
興行収入 5億7000万円
前作 映画 ふたりはプリキュア Max Heart
次作 映画 ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!
  

映画 ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち』(えいが ふたりはプリキュア マックスハート ツー ゆきぞらのともだち)は、2005年12月10日に公開された、『ふたりはプリキュア Max Heart』の劇場アニメーション作品の第2作である。

概要 編集

同シリーズ2作目の劇場アニメーション。TVシリーズにおいて同名のメインタイトルにおいて第2弾の映画作品が制作されているのは本作だけである(2017年現在)。本編から新たにルルンが加わり、その他にも前作以上に本編のサブキャラクターが登場している。

2005年12月10日に公開され、前作より若干低下したものの初回の興行成績は5位、興行収入累計5億7000万円を記録した。前作と同様、公開と同時期にコミック版も刊行された。

ゲスト声優には矢口真里Berryz工房清水佐紀がいずれも本人役として参加。またBerryz工房がエンディングを担当している。Berryz工房は2013年公開された『プリキュアオールスターズ NewStage2 こころのともだち』で応援歌も担当している。

本作には敵に操られたプリキュア2人が同士討ちするという、後のシリーズでも珍しいシーンが存在する。ただし、これは本来ターゲットとする鑑賞層には受け入れられず、加えて2年近く手を取り合ってきたプリキュアの声優陣にとっても辛い展開だっただろうと感じ、これを教訓に仲間(プリキュア)同士の闘争は出来る限り避けられるようになる[1]

本作独自の要素として、プリキュアのさらなる変身形態としてスーパープリキュアが登場した。

本篇のDVDは2006年4月19日発売。

ストーリー 編集

皆で雪山へスキーにやってきたなぎさ達。しかしスノーボードをやったことのないなぎさは悪戦苦闘、一方でほのかは優雅にスキーを楽しみ藤村と良い雰囲気になっていて、なぎさは嫉妬してしまい、あげくほのかのささいな一言が原因で二人の仲がギクシャクしてしまう。

そんな中、雲の園の老師が落としてしまった伝説の鳥「鳳凰」の卵を拾い、お礼に雲の園へ招待される。孵った雛に「ひなた」とひかりは名付けて可愛がるが、ひなたを亡き者にして世界を氷の閉ざそうと闇の戦士であるフリーズンとフローズンが現れた。彼等はプリキュアを圧倒し、さらにひなたをさらってしまった。全てを救うため、プリキュアとルミナスは戦いを挑むが、その最中にフリーズン達の策でプリキュア二人の心は凍りつき、同士討ちさせられてしまう。

しかし、無理に戦わされたことで気持ちに素直になった二人はお互いに謝って友情を確かめなおし、再びひなたを救うためにフリーズン達の元へと向かう。そしてひなたから力を受けた二人はスーパープリキュアへと変身、ついにフリーズンとフローズンを撃破した。

戦い終わると、ひなたは全ての力を使い果たして力尽きていた。皆が悲しみに沈む中、ルミナスもまたスーパープリキュアに変身し、ひなたに再び力を与えた。するとひなたは鳳凰と化し、雲の園を覆っていた氷を溶かし、元の姿へと戻した。全てが終わった後、ひなたは故郷へと帰っていった。

登場人物 編集

本編からの登場人物 編集

美墨 なぎさ(みすみ なぎさ) / キュアブラック
本名陽子
メップルの力でキュアブラックに変身する、中学3年生。
ラクロス部であり運動神経はいいが、ウインタースポーツが苦手なため、本作ではスノボーで悪戦苦闘するシーンが見られる。
思うように藤村と良い雰囲気になれず、あげくほのかに嫉妬して憤りをぶつける。
雪城 ほのか(ゆきしろ ほのか) / キュアホワイト
声:ゆかな
ミップルの力でキュアホワイトに変身する、中学3年生。本作ではスキーが上手という一面を見せる。
なぎさを気遣ったつもりが、逆効果となっていく。
九条 ひかり(くじょう ひかり) / シャイニールミナス
声:田中理恵
ポルンの力でシャイニールミナスに変身する、中学1年生。
鳳凰の卵を拾い、「ひなた」と名前を付けて絆を深めていく。
メップル
声:関智一
ミップル
声:矢島晶子
プリキュアのパートナー。ハートフルコミューンに変身する。
ポルン
声:池澤春菜
ルミナスのパートナー。タッチコミューンに変身する。
ルルン
声:谷井あすか
ミラクルコミューンに変身し、ルミナスにハーティエルブローチェを授ける。
久保田 志穂(くぼた しほ)
声:仙台エリ
高清水 莉奈(たかしみず りな)
声:徳光由禾
なぎさ達のクラスメイトで、ラクロス部の仲間。なぎさとほのかのギクシャクした様子を察し、なぎさを諭す。
雪城 さなえ(ゆきしろ さなえ)
声:野沢雅子
ほのかの祖母。
藤村 省吾(ふじむら しょうご)
声:岸尾大輔
木俣(きまた)
声:加藤木賢志
なぎさ達と一緒にスキー場へやってくる。
パパ(ファイベルの父)
声:島香裕
巨大なネズミの男性。

雲の園 編集

厚いに覆われている世界で、上空を漂っている。そのため、部外者は発見できない。

すべての世界の「暖かさ」および人々の「心」を司る「鳳凰」が住んでいる。鳳凰が絶滅すると、すべての世界が寒さに覆われる。

ムササビのような姿をした妖精たちが住みついている。彼らは鳳凰を成長させることを役目としており、鳳凰を守護している。

綿菓子のような食べ物があり、来客者などに振る舞っている。

ひなた
声:千々松幸子
鳳凰が、死の直前に産み落とした卵から生まれた雛。
全体的に丸く黄色い体で、小さいペンギンのような姿をしている。。
老師が卵を「光の園」に運ぶ途中に誤って「虹の園」に落とし、ひかりによって発見された。
生まれた直後にひかり、ポルン、ルルンを友だちと認識するが、なぎさに対しては変な名前をつけられそうになったため、不快感を示していた。
物語中盤では、フリーズンとフローズンによって氷柱に閉じこめられる。
物語終盤では、プリキュアたちに力を与えた代償に死亡する。だが、ひかりによってクイーンの力を授けられたことで完全体として復活する。
結果として、ひかりたちと友だちになり、最後は別れの言葉を残して「雲の園」へと帰還した。
老師
声:青野武
「雲の園」の長老。
鳳凰の卵をムタとともに光の園に運ぶ途中、誤ってスキー場に落とす。
様々な術を使える偉大な人物だが、少々ボケている。また、オシャレが好き。
ムタ
声:野沢雅子
「雲の園」の住人で、老師の側近的な立場を務めるムササビ。
頼りない老師に手を焼いている。大空を飛ぶことが可能で、小柄ながら老師を背中に乗せることもある。

本作の敵 編集

フリーズン、フローズン
声:草尾毅[2](フリーズン)、 声:檜山修之[3](フローズン)
氷のような身体をもつ魔人のフリーズンフローズンからなる2人組。
フリーズンの身体は青色で頭部は銀色であり、右肩が大きい。キュアブラックの心を氷づけにした。
フローズンの身体は銀色で頭部は青色であり、左肩が大きい。キュアホワイトの心を氷づけにした。
2人とも闇の世界の者だが、ジャアクキングが復活するよりも先に世界を支配しようと企んでいる。
冷酷な性格で、卑怯な戦い方を好む卑劣漢。また、「最強のコンビ」を自称している。
「雲の園」の鳳凰を絶滅させ、世界を氷の闇に変えるため、鳳凰の子供である「ひなた」を狙い、それと同時にプリキュアの打破を誓う。
人間の心に氷をうえつけ、人の感情を憎しみだけで覆いつくすことが可能。
連携によるパワーは高く、必殺技は2人で冷気のエネルギーを放つ「フリージング・ブリザード」で、「プリキュア・マーブル・スクリュー・マックス・スパーク」を攻略した力をもつ。飛行する際は、背中から氷の翼が生やすことが可能。
物語終盤にはスーパープリキュアの登場で形勢逆転し、互いに自分勝手な言い分で仲違いに発展し、「プリキュア・マーブルスクリュー・マックススパーク(強化版)」うけて、ともに倒された。

怪物 編集

ザケンナー
声:滝知史
フリーズンとフローズンが生みだしたザケンナー。雪だるまのような姿をしている。

その他 編集

矢口真里/清水佐紀Berryz工房
特別出演で、本人役。本編ではスキー客として出演。EDにも少しだけ登場する。

作中用語 編集

鳳凰
ひなたを生んだ種族で、光や温かさの源である。鳳凰は寿命を終える前に卵を1つ残すため、鳳凰はこの世に1体しか存在しない。鳳凰がいなくなれば雲の園をはじめとした全ての世界を保つことが出来ず、闇と氷に閉ざされてしまう。

オリジナル戦士 編集

本作に登場する戦士を解説する。プリキュア・シャイニールミナスについてはプリキュアシャイニールミナスを参照。

スーパープリキュア 編集

ブラックとホワイトがひなたの炎の力を浴びて一時的にパワーアップした姿。衣装は大きく様変わりし、所々に羽を象った装飾が付き、金に近い配色の部分も現れ、髪形も少し変わっている。スパークルブレスは変身直後に装備済みとなっている。今までプリキュアの攻撃をまったく受け付けなかったフリーズンとフローズンを翻弄するなど、通常とは比べ物にならない力を得ており、空中浮遊も可能。シャイニールミナスは力尽きかけたひなたを目覚めさせるためにクイーンの力を発動させた際に一時的に変身する。公式サイトでもこの姿は「スーパープリキュア」として扱われている。

必殺技
プリキュア・マーブル・スクリュー・マックス・スパーク
スーパープリキュア状態で放たれる必殺技。通常のものと同様であるが、威力は増大している。

主題歌 編集

オープニング『DANZEN! ふたりはプリキュア (Ver. Max Heart)
作詞:青木久美子、作曲:小杉保夫、編曲:佐藤直紀、歌:五條真由美
挿入歌『Crystal』
作詞:大森祥子、作曲:nishi-ken、編曲:樫原伸彦、歌:五條真由美
エンディング『ギャグ100回分愛してください
作詞・作曲:つんく、編曲:高橋諭一、歌:Berryz工房

その他 編集

  • Tako Cafeが出張営業しているスキー場レストハウスの壁には、妙高高原のポスターが貼られている。
  • 久保田志穂が旅館のテレビで見ていたのは『パネルクイズ アタック25』。実写映像が使われており、当時の司会の児玉清の声も入っている。
  • また本作上映翌日の2005年12月11日は、その『アタック25』でも、本作の一部を流用した「映像問題」が出題された。因みにその問題とは次の通り。
問題「今から流れる映像は何のアニメーションでしょうか?」
  1. 夢のクレヨン王国
  2. おジャ魔女どれみ
  3. 明日のナージャ
  4. ふたりはプリキュア Max Heart(これが正解)

スタッフ 編集

脚注 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. 担当声優の草尾は、翌々年(2007年)放送の『Yes!プリキュア5 / Yes!プリキュア5GoGo!』で妖精ココ(人間の姿は小々田コージ)を演じ、後の『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花』では双方のキャラクターが登場したため、2役演じた。
  3. 担当声優の檜山は『Yes!プリキュア5』で、敵組織「ナイトメア」の構成員ギリンマを中盤まで演じ、フリーズン役の草尾と再共演する。

外部リンク 編集

テンプレート:志水淳児監督作品

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki