FANDOM


テンプレート:Portal ディズニー

オリビアちゃんの大冒険
The Great Mouse Detective
監督 バーニー・マッティンソン
ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
デイヴ・ミッチェナー
脚本 ロン・クレメンツ
バーニー・マッティンソン
デイヴ・ミッチェナー
ジョン・マスカー
ピーター・ヤング
ヴァンス・ゲリー
スティーヴ・ヒューレット
ブルース・M・モリス
マシュー・オキャラハン
メルヴィン・ショウ
製作 フランク・ウェルズ
製作総指揮 マイケル・アイズナー
音楽 ヘンリー・マンシーニ
製作会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・フィーチャー・アニメーション
配給 ブエナ・ビスタ・ディストリビューション
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年7月2日
Flag of Japan 1989年7月22日
上映時間 75分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000[1]
興行収入 $38,625,550[1]
  

オリビアちゃんの大冒険』(原題:The Great Mouse Detective)は、1986年7月2日公開のディズニー映画である。

イヴ・タイタスEve Titus)の『ねずみの国のシャーロック・ホームズ』(Basil of Baker Street)シリーズを原案とする。映画のストーリーそのものは原作にはなく、ディズニーオリジナルである。

この作品において、アニメーションにCGが本格的に導入された。特に物語後半のビッグ・ベンのシーンは、CGの導入によって歯車のリアリティさや、対決の際の疾走感を出すことにも成功した。

ストーリー 編集

テンプレート:節stub

キャラクター 編集

バジル
ベーカー街221Bに住むネズミの名探偵。オリビアに頼まれて、さらわれたフラバーシャムを探しに行く。
ドーソン
アフガニスタンから軍務を終えて帰ってきた外科医。道に迷っていたオリビアをバジルの元へ連れてきた。
オリビア・フラバーシャム
イギリスロンドンにあるマウストピアに住む女の子のネズミ。お父さんは古いおもちゃ作りの職人、ヒーラム・フラバーシャム。
ヒーラム・フラバーシャム
オリビアの父親でおもちゃ作りの職人。その腕に目をつけられラティガンに誘拐される。
ラティガン
犯罪王でバジルの宿敵。ドブネズミと呼ばれることを嫌う。ヒーラム・フラバーシャムを誘拐して、マウストリア女王そっくりなロボットを開発させ、偽者のロボットを式典に呼んで、国王になろうとしたが、ビッグ・ベンの鐘が鳴りだし、バジルと一緒に転落死した(しかし、バジルは生きていた)。
フィジット
ラティガンの手下のコウモリ。片足が義足で羽が曲がっている。

キャスト(声の出演) 編集

役名 原語版声優 日本語吹き替え
バジル バリー・インガム 青野武
島田敏
バーソロミュー 安西正弘
ドーソン ヴァル・ベティン 永井一郎
小野健一
オリビア・フラバーシャム スザンヌ・ポラチェク 藤枝成子
ラティガン ヴィンセント・プライス 宝田明
フィジット キャンディ・キャンディード 大塚周夫
ヒーラム・フラバーシャム アラン・ヤング 村越伊知郎
ジャドソン夫人 ダイアナ・チェズニー 京田尚子
女王 イヴ・ブレナー 新道乃里子
トカゲのビル チャールズ・フライシャー 沖絢一郎
シャーロック・ホームズ ベイジル・ラスボーン 不明
ワトソン ローリー・メイン 峰恵研
ミス・キティ・マウス メリサ・マンチェスター 伊集加代子
未確認の女ネズミ シャニ・ウォリス 田畑ゆり
トビー フランク・ウェルカー 原語版流用
フェリシア

映画 編集

映画 ふたりはプリキュア Max Heart
2005年4月16日公開。
映画 ふたりはプリキュア Max Heart 2 雪空のともだち
2005年12月10日公開。
映画 ふたりはプリキュア Splash Star チクタク危機一髪!
2006年12月9日公開。
映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!
2007年11月10日公開。
映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪
2008年11月8日公開。
映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?
2009年10月31日公開。本作品がキュアパッションのスクリーンデビュー作品となった。
映画 ハートキャッチプリキュア! 花の都でファッションショー…ですか!?
2010年10月30日公開。キュアサンシャイン、キュアムーンライト、ポプリ、コッペ(人間態を含む)が映画初登場。敵キャラクター「サラマンダー男爵」の回想シーンでは、デューンがセリフ無しで登場。
なおサラマンダー男爵は同じく映画オリジナルキャラクター「オリヴィエ」と共に、テレビ本編第49話で月影博士の回想シーンにも登場する。
映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪
2011年10月29日公開。『スイートプリキュア♪』単独劇場版。放送開始前から、単独劇場版の制作決定と公開年月が公表されていた[2]。キュアビートとキュアミューズが映画初登場だが、黒ミューズではないキュアミューズとその正体に関しては、映画公開まで詳細を伏せられていた。
映画 スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!
2012年10月27日公開。『スマイルプリキュア!』単独映画作品。本番組の放送開始前である2012年1月30日に東映は、本作品の単独映画の公開が決定したことを発表し[3]、同年10月27日に公開された[4]
映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ
2014年10月11日公開。本作品からゆうこ(変身前)、キュアフォーチュン、ぐらさんが映画初登場。またふなっしーが本人役でゲスト出演する。
テレビシリーズ第34話と第35話ではこの映画とリンクするような演出が行われた。

詳細は映画 ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ#備考を参照

映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!
2015年10月31日公開。キュアスカーレット、ゆい、シャムール、クロロが映画初登場、またはるかの回想シーンのみではあるが、春野家全員が映画初登場[注 1]。シリーズとしては初の3本立て構成で上映される。下記の『春のカーニバル♪』では配布されなかったミラクルライト(ミラクルプリンセスライト)が再び配布される。
映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン!
2016年10月29日公開。キュアフェリーチェ及び魔法学校の校長を始めとする魔法界の住人たちは映画初登場となる。同時上映としてフルCGの短編作品「キュアミラクルとモフルンの魔法レッスン!」も公開される。

クロスオーバー映画 編集

歴代プリキュアが共演する作品。

ちょ〜短編 プリキュアオールスターズ GoGoドリームライブ
2008年11月8日公開『映画 Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪』の同時上映作。本作品からドーソンが登場。
映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!
2009年3月20日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!
2010年3月20日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花
2011年3月19日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズNewStage みらいのともだち
2012年3月17日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち
2013年3月16日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち
2014年3月15日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪
2015年3月14日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!
2016年3月19日公開。ドーソンのみ声付きで登場。
映画 プリキュアドリームスターズ!
2017年3月18日公開予定。ドーソンのみ声付きで登場。

ルパン三世 カリオストロの城との類似 編集

本作のクライマックスは、ビッグ・ベンの中の(ネズミのサイズで)巨大な歯車の上で、主人公バジルと悪役ラティガンの追いかけっこと対決シーンであるが、このシーンが日本のアニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)でのルパン三世とカリオストロ伯爵が時計塔の中で対決するシーンに似ているという指摘が、手塚治虫などからなされている[5][6]。原作がそうなっているのか、イタダキなのか分からないと手塚は言っているが[5]、イヴ・タイタスの原作にはこのようなシーンは存在していない。ディズニー側は、1937年の短編映画『ミッキーの大時計』(1937年、原題:Clock Cleaners)をモチーフにしたものであると主張している。

なお、盗作騒動は『ライオン・キング』、『アトランティス 失われた帝国』でも起こっている。


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません
引用エラー: 「注」というグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="注"/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki